妊婦さんと赤ちゃんとつわり

妊婦さんのつわり対策

*

つわりが酷くて毎日の夕飯の準備が辛い

      2016/07/27

妊娠中のつわりがひどい時は、食事の準備をしようと思っても、匂いを嗅いだ瞬間に吐き気がしてしまいます。
調子が良い時を見計らって料理にとりかかっても、食材を切ったり、炒めたり、煮込んでいるうちに気持ち悪さがピークに達してしまい、どうしても家族の食事の準備が辛くなってしまいます。

スポンサードリンク

夫や子供の食事の準備が辛い

つわりで体調がすぐれずに満足に食事がとれないことも辛いですが、夫や上の子の食事の準備をしなければいけないというプレッシャーも精神的な辛さになっているのではないでしょうか。

自分の場合は、食べられるものが限られているし簡単に済ませることができますが、夫や子供の分となるとキチンとした食事を食べて欲しいと思い、吐きながら泣きながら夕飯の支度をしているという
お母さんも多いのではないでしょうか。

無理して料理をしない

つわりで辛い時に無理して作ると症状が悪化してしまうかもしれません。
また気分が悪いのを押して食事を作らなければというのもストレスになってしまい、症状の悪化の原因になってしまいます。

そんな時は、思い切って料理はしないと割りきってしまうのも一つの方法です。
ご飯を作らなくて良いと考えるだけでも安らかに過ごせるようになります。
家族には食事の面で負担をかけてしまいますが、つわりが終わった時に元の食習慣に戻せば良いです。

子供のお菓子の量は増やさない

子供がいた場合、満足に料理が出来ないと、子供の食生活が乱れがちになってしまいます。
ご飯が作れないので、子供がお腹が空いた時にはついついお菓子を与えてしまいがちになってしまいますが、お菓子を食べ過ぎてしまうとご飯を食べなくなってしまいます。

手作りは無理でも、レトルト食品やお弁当のおかず用の煮物やハンバーグやサラダなど冷凍食品を活用して、電子レンジで温めるだけの簡単な食事でお菓子には頼らないように気をつけたほうが良いでしょう。

弁当宅配サービスを上手く活用する

つわりがピークの時などは、スーパーの匂いがダメで買い物すら大変になるかもしれません。
つわりの時期も料理や買い物は大変ですが、産後も同じくらいに大変です。
今後のことを考えて、つわりで料理ができない今から弁当宅配サービスを利用してみて試しておくのも良いかもしれません。
つわりを乗り切るために利用でき、弁当宅配サービスが良かったら産後で料理ができない時にも選択肢の一つとして挙げることができます。

 - つわり