妊婦さんと赤ちゃんとつわり

妊婦さんのつわり対策

*

妊娠中に必要な葉酸 摂り過ぎたらどうなるの?

      2016/11/14

葉酸は普段では食事で摂れる量で充分まかなえるのですが、妊娠初期のころは、非常に重要な栄養素になり、また不足しがちになります。
昨今では妊活、妊娠中に葉酸の必要性が言われているので意識している人も多いのではないでしょうか。
食事で充分に摂れなくても、サプリメントで補足することもできるようになりました。
サプリメントは手軽に栄養補給ができる反面、飲みすぎて過剰に摂取してしまうこともあります。

葉酸サプリメントを試す前に葉酸を摂りすぎてしまったらどうなるのか気になるところです。
葉酸を過剰に摂取してしまうとどうなるのでしょうか。

スポンサードリンク

アレルギーや蕁麻疹

葉酸は造血作用を促進するための栄養素です。
そのため、貧血になりやすかったり赤ちゃんの栄養のために血液が普段以上に必要な妊娠中に必要とされているのですが、過剰に摂取すると毛細血管が拡張して蕁麻疹のようなアレルギーのような発作的なかゆみなどが起こること言われています。

むくみ

妊娠するとむくみやくなります。
これは妊娠することで、運動不足や体重増加などの要因もありますが、赤ちゃんを育てるために血液量が増えることも原因です。
体内の血液が増えること、また、身体のそれぞれの組織の細胞に浸透している体液と血液とのバランスが崩れることから妊婦さんはむくみに悩まされることが多くなるようです。

葉酸は妊娠中の貧血を防ぐためにも必要ですが、過剰に摂取するとむくみを助長させる結果になると言われています。

味覚障害

よく妊娠すると食べるものが変わると聞きます。
単純に好みが変わったということもありますが、中には、味覚障害によって普段食べていたものが美味しく感じられなくなることが原因の場合もあります。

味覚障害には亜鉛が関係しています。
ただ、この亜鉛は赤ちゃんの細胞分裂にも大きく関係しており、
不足すると、発育不全や低体重出産にもつながりかねません。その他、中枢神経系や知能、免疫機能など、重要な器官の発達を担うのが亜鉛なのです。
そのため、特に妊娠初期には亜鉛が大量に消費されるため、不足しがちになります。

そこに葉酸を過剰に摂取してしまうと亜鉛不足にさらに拍車をかけてしまいます。
葉酸を摂りすぎてしまうと亜鉛の吸収を阻害してしまうからです。

不眠症?

葉酸を摂り過ぎると不眠症になるとも言われていますが、葉酸との因果関係ははっきりと分かっていません。
妊娠すると体も心も神経質になってしまい、不眠に悩まされる人は多いです。
つわりの時期などでは、夜寝ようとする時に、吐き気を催す人もいます。
葉酸サプリメントを飲んでいる人が不眠症と結びつけたために、言われているのかもしれません。

不眠で悩んでいる時は、牛乳を飲むと良いでしょう。
牛乳には不眠症解消作用があるので、寝付きが悪いときには寝る前に牛乳を飲むと妊娠中に不足しがちなカルシウムの補給にもなって良いでしょう。
身体を冷やすと寝つきが悪くなるので、ホットミルクがおすすめです。

呼吸障害?

葉酸を過剰摂取すると呼吸障害が起こるとも言われています。
息苦しくなって夜中に起きてしまうようなことがあるかもしれません。
妊婦さんの50%が出産するまでに息苦しさなどの症状を経験しているといわれています。
妊娠中の息苦しさは、つわりや体のだるさとはまた違った症状であり、人によってはほとんど苦しさを感じない場合もあれば、かなり呼吸が乱れる場合もあって千差万別です。
ですが、不眠症と同様に葉酸と因果関係ははっきりと分かっていません。

姿勢が悪いと肺を圧迫してしまい、息がしにくくなります。
息苦しさを感じる時は、背筋を伸ばす姿勢を心がけるようにしましょう。
そして、地味な方法ですが、意外と効果があります。
息苦しさ、動悸などの症状が出たら、ゆっくり深呼吸をしてみましょう。
深呼吸はストレスの軽減にもなるのでおすすめです。

葉酸の1日の摂取量

食事から葉酸が摂取しにくいと言われていますが、そのことを考えてもサプリで摂取するのは1日400μgが適量と言われております。
葉酸の摂取量は1日に1000μgを超えると過剰摂取となりますが、過度に心配する必要はありません。

葉酸は体に蓄積されることなく、余剰分は尿として体外に排出されます。
葉酸の過剰摂取は、極めて稀におこることです。
飲み忘れたからといって、一度に大量に摂取するようなことをしても一度に大量に吸収できないため控えたほうが良いでしょう。

 - 妊娠中の食事