妊婦さんと赤ちゃんとつわり

妊婦さんのつわり対策

*

口の中が気持ち悪い時は氷水でうがい

      2017/08/10

妊娠するとホルモンの影響で唾液の分泌量が減ると言われています。
そのため口の中のトラブルが起こりやすくなります。
つわりの時期などは、食事を数回に分けて食べることも少なくないので口内環境はいつもよりも悪くなりがちです。

口が気持ち悪い時は氷水、レモン水やお茶でうがい

口の中が気持ち悪かったり、吐いたものの臭いなどが再び吐き気を誘うことがあるので、うがいなどをして清潔にしましょう。
うがいは番茶、レモン水、炭酸水、氷水などでするとさっぱりします。
氷水などは手軽に用意できるのでオススメです。
うがいをした後に落ち着いたら、氷片を口に含むのも良いでしょう。

口の中が乾燥すると味覚障害や感染症になることも

唾液の分泌量が減るため、つわり中はいつも以上に口の中が乾燥しがちです。
口の中が乾燥していると、味の成分がうまく舌で感じることが出来ず、味がわかりにくくなります。
口の中を潤った状態にしておくことは、味覚障害の予防にもなります。
食事の前に、レモン水やレモン味の炭酸水でうがいすることで唾液の分泌が促され、口のなかがさっぱりして味覚の低下を予防したり、味覚の回復を促すことができます。

女性の口
普段であれば口の中に違和感を感じることなど少ないと思いますが、妊娠期間中にはいろいろな事に敏感になってしまいます。 口の中に違和感を感じることも妊娠中、とくにつわりの時期
つわり
つわりがひどい人は、食べ物を食べるのがつらいどころではなく、水を飲むのもつらい。 つわり中は胃もたれのような状況になりやすく、どんなにたくさん水を飲んでもすっきりしない。

うがいした後にできるならば歯磨きも

嘔吐の後は、冷たい水やレモン水などでうがいをして、落ち着いたら水分補給が必要です。
そして落ち着いてからは歯磨きもしておくと良いでしょう。
つわりの最中は歯磨きが全くダメになってしまうこともありますが、強い香りがある歯磨き粉なしで歯を磨くと大丈夫なこともあります。
ホルモンの影響で唾液が粘っこくなってしまって口の中が気持ち悪いという時は、歯磨き粉を使うと同様の気持ち悪さを感じることがあるそうです。

ただ、妊娠すると歯が弱くなりがちなので、調子の良い時であればなるべく歯磨きをした方が良いでしょう。

歯ブラシはやわらかい物を使用

食事や嘔吐で歯が酸によって溶けているような状態に近く、エナメル質も弱っているので固い歯ブラシは避けたほうが良いでしょう。
歯ブラシはなるべく毛先が柔らかいものを使用して、ゴシゴシ強く磨きすぎずに歯茎の辺をマッサージするように磨くを歯周病予防になり効果的です。

歯磨き
昔から「子を産めば歯を失う」という言葉があるように 妊娠期間中は虫歯になりやすいと言われています。 つわりに時期など歯磨きをすると気分が悪くなり、すぐ吐いてしまう人もい

 - つわり