妊婦さんと赤ちゃんとつわり

妊婦さんのつわり対策

*

妊娠が分かる前に感じる?着床痛とはいつ頃にどんな痛み

      2017/05/12

着床痛は、受精卵が子宮に着床した際に起こると言われているお腹の痛みのことを言います。
受精卵が子宮に着床するときは、子宮内膜に根のようなものを張って固定します。
その時に内膜を傷つけるために痛みが生じると言われているのです。
また、子宮内膜が傷ついた時に起こる出血が着床出血です。

スポンサードリンク

いつごろ起こる

卵子と精子は受精後3,4日かけて子宮に移動します。
子宮に到達後は、またそれから2,3日かけて子宮内膜に着床します。
受精からおよそ1週間後ぐらいに着床するわけです。
着床痛はちょうどこの時期に起こります。

受精するタイミングは、生理周期の排卵期によって異なるので、着床痛を感じる時期は人によって違いがあります。
基礎体温が高温期に入ってから1週間程度、
生理予定日の1週間前ぐらいに痛みを感じる女性が多いようです。

妊娠検査薬では生理予定日の1週間後、早くわかるタイプの検査薬でも生理予定日ぐらいなので、着床痛は妊娠がわかる前に感じることになります。

どんな痛み

着床痛の痛みは生理痛のような痛みと言われています。
子宮のあたりにチクチクとした痛みや鈍痛。
お腹、特に下腹部のあたりをキューと引っ張られるような痛み。
恥骨や足の付根あたりがズキズキと痛い。
着床痛を感じたという人は、これらのような痛みを感じと言います。

着床しても痛みを感じない人が多い

ただ、着床痛を感じる人は少ないようです。
ほとんどの人は痛みを感じず着床したのがいつかもわからない人の方が多いです。
着床痛自体も医学的な根拠があるわけではなく、妊娠した人が後から振り返って結果的にあの時の痛みは着床した時の痛みだと言っていることから考えられている症状です。
排卵時に感じる排卵痛を妊娠初期の子宮の変化に伴う痛みである着床痛と勘違いしているのではないかとも言われています。

やや遅れて着床出血があることも

着床痛かなと思える痛みを感じたなら、その数日後には着床出血が起こるかもしれません。
出血と言っても、着床出血の量は少量で、すぐに出血が止まります。
一般的には着床出血は量が少なくオリモノに血が混ざることが多いため薄いピンクや、茶色っぽいこともあります。
ただ、妊娠初期の頃は不正出血も起こるので、注意が必要です。
異常な出血だった場合は、すぐに健診を受けるようにしましょう。

考える女性
妊娠した時の第一段階で起こりやすいのは着床出血です。 着床出血は、受精卵が子宮内膜に着床するときに起こるものです。 着床は排卵から大体7日から10日前後かけて受精卵が子宮に移動

身体の変化が激しい妊娠初期

着床痛や着床出血をはじめ、妊娠初期は身体の変化が激しく起こる時期です。
胸の張りや乳首が痛くなるなど、胸全体が敏感になることや、
下腹部にチクチクとした痛みやお腹が張るような感じになるのは、妊娠初期に起こる症状として代表的な例です。
他にも個人差がありますが、肌トラブルや匂いに敏感になったりします。

便秘2
高温期は一般的に10日以上間続きます。 妊娠していなければ、およそ14日ほどで生理が始まります。 それ以上高温期が続く場合は、妊娠の可能性があります。 16~20日以上続くと
便秘
高温期になると気になるのが妊娠初期症状があるかどうか。 妊娠しているといつもと違う身体の変化を感じます。 つわりは妊娠した時に起こるはっきりとした身体の異変の症状です。 ただ

気をつけたい卵巣の腫れ

この時期に感じる痛みで注意しなければならないのは、卵巣の腫れによる痛みの可能性です。
妊娠したと思って産婦人科に行ったら、卵巣が腫れていたというケースもあります。
卵巣が腫れる原因には、妊娠初期のためのホルモンの影響と腫瘍ができていることが考えられます。
妊娠初期は女性ホルモンの影響で卵巣が腫れてしまうことはよくあります。そして多くの場合は自然に元の大きさに戻っていきます。
腫瘍ができている場合は、自然に治ることはなく、薬での治療や手術が必要になります。
ただ、手術といっても妊娠や赤ちゃんの成長に影響を与えることなく行うことができるので、下腹部の痛みが酷い場合は、早期に産婦人科医に相談すると良いでしょう。

排卵誘発剤による卵巣の腫れ

不妊治療を行っていて、排卵誘発剤を使用していた場合では、卵巣が過剰に刺激されてしまうOHSSによる卵巣の腫れが起こる場合があります。
若くて卵巣の反応が良い人や、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の人に発症しやすい傾向があります。

排卵誘発剤を使用した場合は、おなかがはる(腹部膨満感)、下腹部痛、吐き気、嘔吐などの症状が出た場合や、急に体重が増えてきた時には、速やかに医師に相談しましょう。

【PR】 葉酸は足りていますか?

つわりで辛い妊娠初期は、赤ちゃんの体が作られる大事な時期でもあります。
赤ちゃんの頭や臓器などが形作られる大切な時期です。

よく妊娠中は葉酸が大事と言われます。
それは、葉酸が不足すると赤ちゃんの神経系の障害の発症率が高まることが、近年の多くの研究から明らかにされてきたからです。
厚生労働省のガイドラインや母子手帳にも、妊婦に対して葉酸は積極的に摂取するように書かれています。

健康な赤ちゃんを産むためにも、サプリなどを利用して葉酸はしっかりと摂取しておきましょう。

>>健康な赤ちゃんを産むためにベリタ葉酸サプリ

 - 妊活