妊婦さんと赤ちゃんとつわり

妊婦さんのつわり対策

*

つわりで苦しむ妊婦さんが好むゼリーは?

      2017/07/21

ゼリー

妊婦さんのつわりがひどくて、ゼリーとかしか食べられない。

そんな人も多いのではないでしょうか。

つわり中ではなかなか食欲がわかずに、食事が摂れません。
大体の妊婦さんはつわり中にシャーベット、アイス、ゼリー、サイダー系ジュース、冷凍果物、ヨーグルトなどスッキリするものをよく食べると思います。

その中のゼリーはどんなものが好まれているでしょうか。

スポンサードリンク

栄養補給も出来るウィダーインゼリー

朝食のかわりの栄養補助食品されていたウィダーインゼリーもラインナップが増えて、今は5種類販売されています。
妊婦さんにオススメなのは、このうちのマルチビタミンとマルチミネラルのウィダーインゼリーです。
グレープフルーツ味のマルチビタミンでは、辛いつわりに効果的なビタミンB6や妊娠中にサプリメントも活用して摂取を推奨されている葉酸も含まれています。
グレープ味のマルチミネラルでは、妊娠中に不足しがちなカルシウムとマグネシウムが含まれています。
カルシウムは胎児に吸収されてしまいがちで不足してしまいますし、マグネシウムの不足は便秘の原因にもなってしまいます。
元気な赤ちゃんを産むための栄養素「葉酸」が入っていて飲みやすい、あまり食べれないつわり中の栄養補給にはもってこいですが、1日分の栄養を補給することはできないので他の食べ物もしっかり食べたほうが良いでしょう。

サプリメント
葉酸は妊婦さんに必要な栄養素としてしっかり摂ることが重要だと言われています。 厚生労働省が発表している妊産婦のための食生活指針では近年増加傾向にある先天異常の発症のリスクを低減す

食べごたえがあるこんにゃくゼリー

こんにゃくゼリーはカロリーが低いうえに、食べごたえがあり満足感があります。
思うように食べられない時は、すぐにお腹がすいてストレスがたまってしまっては困るので、腹持ちの良いものを選びたいものです。
弾力があって噛みごたえがあるため、口に入れたらよく噛まなければならないので、よく噛むことで満腹感も得られます。
食べごたえがある蒟蒻畑シリーズだけでなく、ウィダーインゼリーのようなクラッシュタイプや蒟蒻畑シリーズよりも柔らかく口の中でほどけるララクラッシュタイプなどがあります。
いろいろな種類があって食べやすいものを選べる楽しみもあります。
こんにゃくゼリーには食物繊維も含まれているので、多くの妊婦さんが妊娠中に悩まされる便秘対策にも良いでしょう。

ゼリーといえばフルーツ入りのゼリー

フルーツゼリー
中に果物が入ったゼリーも食べ物が喉を通らない時に食べやすいゼリーです。
つわりの時でも果物なら食べられるということも多いのではないでしょうか。
ジューシーなぶどうや白桃などや、さっぱりした酸味が心地よいグレープフルーツやみかんなどのフルーツゼリーが人気のようです。

つわりの脱水対策にもなるOS-1のゼリー飲料

OS-1は大塚製薬から発売されている経口補水液です。
ペットボトルに入っている清涼飲料水のイメージがありますが、ゼリータイプの物もあります。
ゼリータイプの方が飲料タイプに比べて味がさわやかで後味が良いです。
夏場など汗を大量にかく時やつわりで吐くことが多い時は脱水症状になりやすいので、こういったゼリーで脱水症状を防ぐと良いでしょう。

つわり
つわりがひどい人は、食べ物を食べるのがつらいどころではなく、水を飲むのもつらい。 つわり中は胃もたれのような状況になりやすく、どんなにたくさん水を飲んでもすっきりしない。

コーヒーゼリーは妊娠中は食べてはいけない?

コーヒーゼリー
妊娠中にカフェインを含むコーヒーは厳禁とよく聞きます。
カフェインの分解に時間がかかってしまい、胎盤を通じて赤ちゃんに影響を及ぼしてしまうのではないかと言われているからです。
ですが、カフェインが赤ちゃんの成長にどんな影響を与えるかは、まだはっきりと分かっていないのです。
そのため、大量に摂取してしまうような飲み方、1日に何杯も飲んでいると赤ちゃんへの影響が心配されますが、少量程度であればコーヒーを飲んでいる地域もあります。

海外では妊婦のカフェインの摂取量を制限していますが、禁止しているわけではありません。
アメリカ・カナダでは1日300mg、イギリスでは200mgまでとされています。
1日に1杯~2杯程度までならコーヒーを飲んでも大丈夫という目安で考えられています。
つわりでつらいなか、コーヒーゼリーを食べたくなったり、コーヒーゼリーなら食べられるという状態でしたら、我慢せずに食べても良いでしょう。
ただし、食べ過ぎには注意しなければなりません。

ゼリーの他にもサッパリしたものは食べやすい

グレープフルーツ
酸っぱいものを食べてスッキリしたい時によく食べられているのがグレープフルーツです。
グレープフルーツも買いやすい果物で葉酸やビタミンCが含まれています。
ビタミンCには、妊娠中に不足しがちな鉄分の吸収を助けてくれる栄養素なので貧血気味で悩んでいる妊婦さんにはオススメです。
他にもグレープフルーツなどの柑橘系の果物の酸味にはクエン酸が含まれていて疲れやすい時に疲労回復効果のために食べるのも良いでしょう。
また、グレープフルーツの香りは神経をリラックスさせる効果もあるそうです。

フルーツ
つわりの時期は気持ち悪くて、なかなか思うように食事に手がつかなくなります。 普段は食べないジャンクフードを食べたくなったり、お菓子をもっと食べたくなったりする人は多いので

他にも麺類はつわりの時に食べやすくて人気があります。
うどんやラーメンなどは、野菜など栄養がある食材を具として加えたり、一緒に食べられるものを添えて食べることもできるので、工夫すればいろいろな楽しみ方が出来ます。

つわりがある時期は栄養は気にせず食べれるときに食べれる物を摂るのが一番です。

うどん
つわりになると味覚が変化することもあって、塩辛いものや酸っぱいものが欲しくなったりします。 めんつゆの甘酸っぱさで食べるうどんなどはつわり中でも食べられるということで妊婦さんの中

【PR】 葉酸は足りていますか?

つわりで辛い妊娠初期は、赤ちゃんの体が作られる大事な時期でもあります。
赤ちゃんの頭や臓器などが形作られる大切な時期です。

よく妊娠中は葉酸が大事と言われます。
それは、葉酸が不足すると赤ちゃんの神経系の障害の発症率が高まることが、近年の多くの研究から明らかにされてきたからです。
厚生労働省のガイドラインや母子手帳にも、妊婦に対して葉酸は積極的に摂取するように書かれています。

健康な赤ちゃんを産むためにも、サプリなどを利用して葉酸はしっかりと摂取しておきましょう。

>>健康な赤ちゃんを産むためにベリタ葉酸サプリ

 - つわり中の食べ物