妊婦さんと赤ちゃんとつわり

妊婦さんのつわり対策

*

つわりで気持ち悪いゲップ 抑えるには

      2017/06/24

妊娠初期のつわりでは、胃のムカムカや胸焼け、唾液過多などの症状が多いのが一般的です。つわりのピークをむかえると、ゲップが引き金となって嘔吐してしまう事も多いようです。
妊娠初期のつわりで、嘔吐まではいかなくても、胸から喉にかけて何か詰まっているような感じがして、ゲップが一日に何度も出るという状態が多いです。

スポンサードリンク

つわりでゲップが気持ち悪い

ゲップ

妊娠初期にゲップが増える原因

ゲップは胃の中に溜まっている空気やガスが口から出る現象です。
つわりなどで胸焼けがする時は、唾液の量も増えるので、唾液を飲み込むときなどに、胃に空気が入ってしまうことが原因とも言われています。
他にも。食事をした後などは、食べ物と一緒に空気を飲み込むことがあるので食後にゲップが出ることがあります。

胃の調子が悪いことも

ですが、食事と関係なくゲップが出る場合は、胃食道逆流症や逆流性食道炎の疑いがあります。

妊娠すると女性ホルモンが通常の20倍も分泌されます。
このおかげで子宮の筋収縮を弱まり赤ちゃんが流産しにくくなります。
ですが、同時に子宮周辺の臓器の筋収縮も弱くしてしまいます。
妊娠を継続するためには必要な働きですが、同時に臓器の機能も普段より弱くしてしまうので便秘になりやすくなったり、胃の働きが弱くなったりしてしまいます。

胃が弱まるとゲップも多くなる

胃が弱まったり、消化に悪い食事を多く摂っていると胃酸も長い時間分泌されるようになります。
胃酸の過剰な分泌はゲップを誘発しやすくする原因になります。
また、ゲップをする時には胃液などが逆流しやすくなり、吐き気を感じやすくなります。

寝る前に食べるとゲップが臭くなる?

寝ている間は、胃腸の働きが起きている時よりもにくなります。
寝る前に食事を摂ると、消化不良になってしまい、胃もたれの原因になってしまいます。
胃腸による消化に伴ってガスが発生し、通常はオナラになりますが、胃腸の調子が悪い時はゲップになることもあります。
この場合のゲップは臭いがあるので、気持ち悪くなって吐き気などを誘発してしまう可能性があります。
消化が進まないことが続くと、逆流性食道炎の原因にもなるため、なるべく就寝の3時間ぐらい前までには食事を済ませておきましょう。

胃腸に優しいもの・消化に良いもの

ゲップがよく出たり、胸焼けや胃痛を感じる場合は、胃腸に優しいものや消化に良い物を食べると良いでしょう。
脂肪分が多かったり、脂っぽい食べ物は消化に良くない物が多いです。

消化に良い物の例では、白身魚や卵、脂肪分の少ないヒレ肉や鶏肉などが良いでしょう。
他には柔らかく煮込んだ野菜や、バナナやリンゴなどの果物も良いです。

反対にサンマやマグロ、ロース肉などの脂肪分の多い食品は避けたほうが良いでしょう。

胃が気持ち悪い時は生姜

つわりを和らげる生姜も消化を助けてくれます。
生姜を使った料理はいくつかありますが、食べ物も食べられないという時は飲みやすいシロップにして摂ると良いでしょう。
自家製生姜シロップの作り方は以下の記事を参考にしてください。

くつろぐ
つわりに生姜が良いというのは良く聞きますね。 生姜には吐き気を抑える作用があり、漢方薬でも生薬として使われています。 海外でもクラッカーとジンジャエールはつわりの定番アイテムと

ホットミルクにハチミツを加えて飲むと胃酸を中和して胃酸の過剰な分泌を抑えてくれる作用があります。

胃薬の服用は慎重に

胃の調子が悪い時に頼りたくなる胃薬ですが、妊娠中は慎重にならなければなりません。
スクラートAやキャベジンコーワαやSなどのロートエキスが配合されている胃腸薬は妊娠中は避けたほうが良いでしょう。
ロートエキスは胎児又は新生児に頻脈等を起こすことがあるので、妊婦又は妊娠している可能性のある婦人及び授乳中の婦人には投与しないことが望ましいとされています。

大正漢方胃腸薬は安中散という漢方調剤が基本になっているので比較的妊娠中でも飲みやすい薬です。

ビール酵母で作られた胃もたれや消化不良に効果があり栄養補給にも使われているエビオス錠は薬ではないので妊婦さんにもオススメです。
エビオス錠を飲んでつわりが和らいだと言う人もいて、妊婦さんの間では人気の錠剤です。

小麦
エビオス錠は妊婦さんの間でつわりに効果があると話題になっています。 エビオス錠はつわりの特効薬というわけではなく、昔からある栄養補給剤です。 ビール酵母という天然素材を用いて作

いずれにしても、ゲップが頻繁に起こり、吐き気も酷い場合は、検診に行ってる産婦人科で 胃薬を処方してもらった方が良いです。

【PR】 葉酸は足りていますか?

つわりで辛い妊娠初期は、赤ちゃんの体が作られる大事な時期でもあります。
赤ちゃんの頭や臓器などが形作られる大切な時期です。

よく妊娠中は葉酸が大事と言われます。
それは、葉酸が不足すると赤ちゃんの神経系の障害の発症率が高まることが、近年の多くの研究から明らかにされてきたからです。
厚生労働省のガイドラインや母子手帳にも、妊婦に対して葉酸は積極的に摂取するように書かれています。

健康な赤ちゃんを産むためにも、サプリなどを利用して葉酸はしっかりと摂取しておきましょう。

>>健康な赤ちゃんを産むためにベリタ葉酸サプリ

 - つわりを軽減する対処法