妊婦さんと赤ちゃんとつわり

妊婦さんのつわり対策

*

おろそかにできない乳首のケア、乳首のカサカサ

   

お風呂上りに、お顔や手足のケアは毎日していても、乳首のケアをきちんとしている方は、意外と少ないかもしれません。
そのせいか、乳首の乾燥で悩む女性も少なくありません。
今までは全く気にも留めなかった乳首ケアですが、ある時乾燥してカサカサになってしまってからケアし始める女性が多いですが、やはり乾燥する前からしっかりとケアすることが大切です。
乾燥が進むと乳首が痒くなって、掻きすぎて皮がめくれたり湿疹みたいになってしまいます。
赤ちゃんが生まれてから授乳する時にも乳頭や乳輪が傷つきやすくなってしまい、授乳が苦痛になってしまいます。

かゆみを感じる前に保湿を

乳首にかゆみを感じるようになってからは、かゆくてたまらなくなってしまい、ついつい掻きむしってしまいます。
そうなってしまうと、乳房周辺の皮膚を掻き壊してしまい、赤ちゃんが生まれてから大変になってしまうので、かゆみを感じる前から保湿には気をつけた方が良いでしょう。

保湿剤を選ぶ時は妊娠線クリームを使ってみるのも良いです。
妊娠線予防クリームには、通常の市販されているボディクリームよりもさらに高保湿成分があります。
市販の保湿クリームが肌に合わなかった場合は、皮膚科を受診することをお勧めします。
皮膚科では湿疹やかゆみに対応した保湿クリームを処方してもらえます。

妊婦さんだけでなく産後のケアにもおすすめなのはボディオイルです。
オイルはクリームよりも保湿力が高いと言われます。
妊娠線予防として使う人はクリームと併用する場合も多く、その場合はオイルを塗って肌を柔らかくしてからクリームを塗るのが良いとされています。

基本的にはお肌の保湿ケアに使われる事が多く、ホホバオイルには”ワックスエステル”という成分が含まれています。
このワックスエステルは人間の皮膚に含まれているものと同じものなので、肌に優しく妊婦さんでも安心してスキンケアする事ができます。
そしてワックスエステルという成分には、高い保湿効果やバリア機能があるので、乾燥などや紫外線などの外部刺激からもしっかりと守ってくれます。
オイルによって肌の水分が蒸発するのを防いで、肌にハリ・潤いを保つ作用もあります。
妊娠してからの乾燥肌のスキンケアに効果的なオイルなのです。

妊娠してから乳首がかゆくなる

妊娠してから乳首がかゆくなる原因は乾燥だけでなく、乳首に溜まった乳汁のカスも考えられます。
妊娠16週目くらいになると母乳を作れる体へと変化をしてきます。
その為に、乳首から乳汁が少しでてくることも。そのため乳汁のカスが痒みを引き起こすこともあります。

乳首についた乳汁のカスが痒みの原因と考えられる場合はコットンパックを試してみましょう。
ベビーオイルやオリーブオイルを染み込ませたコットンを乳頭にしばらく貼り(5~10分程度)、その後お湯で温めたタオルでふき取りましょう。
乳汁のカスは、しっかりとふき取ってお肌を清潔に保ちましょう。

下着は緩めに

乳腺が発達し大きくなった胸は、今まで使っていた下着でも刺激となり痒みを引き起こしてしまいます。
きつくなった下着が肌を締め付けることで肌を摩擦し刺激してしまうからです。
つわりで体調がすぐれない時も、締め付けの強い下着をつけてしまうと、胸が締め付けられてつわりが酷くなってしまうこともあります。
妊娠中の肌着や下着には、肌触りのよい、ゆったりとしたものを選ぶことをおすすめします。

輪に白いプツプツができる

乳輪に出来る白いブツブツが大きくなるとかゆみが出てくる事があります。
この白いブツブツは乳首と乳輪を保護するための皮脂を分泌する組織で、乳輪線もしくはモントゴメリー線と呼ばれています。

妊娠すると脂肪の蓄積でこれが大きくなり目立つようになります。
女性ホルモンが血流やリンパ液にのってバストに届くと、乳腺が刺激されて乳腺がどんどん大きくなっていきます。
乳腺はバスト中1割を占めていて、残り9割の脂肪に守られているのですが、乳腺が大きくなると、今まであった脂肪では守りきれなくなってしまいます。
そこで身体が乳腺を守るためにバストに脂肪を蓄積するようになります。
これが妊娠時にバストが大きくなる原因で、だいたい2カップほど妊娠中はバストアップします。
そして、妊娠中にバスト内の脂肪量が増えることがモントゴメリー腺を肥大させる(大きくする)理由だと言われています。

誰にでもあるもので、人によって数も大きさも違います。
体の異常というわけではないので心配する必要はないですが、かゆみが出てくることで掻きすぎてしまうと皮膚が傷ついてしまいます。
かゆみを感じたらそこで掻いてしまわずに保湿ケアをするようにしましょう。
冬乾燥するのとかゆみがでてくるのと同じで乾燥は痒みをうみます。
逆に言えば乾燥した部分を保湿してあげるとかゆみがおさまる効果が期待できます。

湿疹やかゆみの対策法は

食事で食べるものを選ぶのも湿疹やかゆみの対策になります。
動物性脂肪を多く含む食品を食べていると皮膚の表面に排出される皮脂が増加してしまいます。
皮脂が増加すると皮膚に対しての刺激物となってしまい、延焼してしまったりニキビなどの原因にもなってしまいます。

食事を改善する際は、
・乳製品を控える
・動物性脂肪を控える
・高カロリーな食事を避ける
これを意識してみるのがよさそうです。
具体的な食材だと野菜・海藻(わかめ・ひじき)や魚などが推奨されるようですね。

 - 妊娠