妊婦さんと赤ちゃんとつわり

妊婦さんのつわり対策

*

胎動が弱い気がする、胎動の感じ方に波がある

      2017/08/10

胎動は成長して大きくなった頃に動くことで感じることができる赤ちゃんの運動です。
大体妊娠中期ころから感じる人が多く、経産婦の人のほうが早い時期からわかるようです。

胎動は、お母さんが妊娠生活の中で赤ちゃんの活動を感じられるものです。
そのため、胎動が少ない時や弱く感じる時は、赤ちゃんの元気がないのか、ちゃんと発育しているのかどうか、心配になってしまいます。

胎動を感じない

まず、胎動は赤ちゃんが大きくならなければ感じるのは難しいです。
そのため、妊娠20週以前の場合なら、常に胎動を感じられなくても心配することはないでしょう。
単に小さすぎて赤ちゃんが動いても衝撃が小さくてお母さんが気づくのが難しいだけです。
あせらずに赤ちゃんが成長するまで待ちましょう。
妊娠20週以降で、胎動を感じなくなった時は、焦らずに安静にして胎動を感じるまで待ってみると良いでしょう。

胎動が少ないと感じるのは

ママが仕事や家事に集中していて、気づいていない

「胎動が少ない?」と感じたら、まずは本当に胎動が減ってしまったのか、それともママが感じないことが多かったのか、見極める必要があります。
胎動が少ないと思っていても、小さな胎動に気づいていないだけかもしれません。

胎動が感じにくい時は、夜にゆったりとした時間を作って赤ちゃんの動きを注視してみてください。
お風呂に入ったり、優しくお腹をマッサージすることで赤ちゃんが反応を返してくれることもありますので、日常的に赤ちゃんとコミュニケーションをとるつもりで胎動を確認するのもおすすめです。

横になっている妊婦
初めての妊娠と2回目以降の妊娠では、いくつか違いがあると言われています。 陣痛の痛みの感じ方や分娩時間に違いがあるという話はよく聞きますね。 一度経験して、これからどのよう

胎動を感じる時はなるべくリラックスして

赤ちゃんの胎動は、忙しい昼間の時間よりもリラックスしている事が多い夜間の方が感じやすいです。
入浴中や就寝前などに感じる人が多いようです。
また、立っているときよりも座っていいたり横になっている時の方が胎動を感じやすいという意見が多いです。

妊婦
お母さんのお腹の中の胎児は、日々成長し続けています。 妊娠8週ぐらいでは、まだ10g程度しかありませんが、20週目になる頃には300gぐらいまで成長しています。 この頃

赤ちゃんにも生活リズムがある

お腹のなかの赤ちゃんも生活のリズムが変化することがあり、活動する時間帯がママと反対になってしまうこともあるようですが、個人差が大きいことなので、あまり焦る必要はないようです。

眠れない
お腹の中で赤ちゃんが成長してくると盛んに動き始めます。 妊娠期間中しか感じられない赤ちゃんからのメッセージに感動することも多いと思います。 そんな嬉しい胎動ですが、夜中

赤ちゃんが良く眠っている

赤ちゃんはずっと起きているわけではなく、そして活動サイクルも大人よりもずっと短い間隔で繰り返しています。
大体赤ちゃんは30~40分間隔で起きたり寝たりを繰り返しています。

赤ちゃんが寝ている時は、当然動かないので胎動を感じることがありません。
夜ゆっくりした時は胎動を感じやすいですが、たまたま赤ちゃんが寝ている時だった場合は、胎動を感じないので別の日に胎動を感じるまで待ってみると良いでしょう。

便秘の時は胎動を感じにくい

お母さんが便秘や下痢になっている時は、胎動がない、または弱いと感じるお母さんが多いようです。
腸が膨らんで、子宮が狭くなってしまい赤ちゃんが窮屈になってしまうためとも、腸の動きで胎動がわかりにくくなるとも言われています。

水を飲む女性
妊婦健診で超音波検査などで赤ちゃんの様子を知ることができますが、やはり機械越しではなく胎動でお腹の中の赤ちゃんの動きを感じられると嬉しいものです。 妊娠中ならでは感じることができ

逆子で胎動が弱く感じる

逆子だと胎動が弱い、感じないという人も多いです。
逆子でも赤ちゃんは活動するので胎動はあるのですが、足の位置が逆になっているので、赤ちゃんの動きを感じにくい場所だったりするために感じにくくなるそうです。

胎動が弱くなる時期はあるの?

一般的に臨月は胎動が少なくなったり弱くなる時期だと言われています。
臨月にもなると赤ちゃんも十分に大きくなっているので子宮が窮屈になります。
出産に向けて頭が骨盤に固定されるようになるので、臨月以前のように自由に動くこともできなくなっていきます。
動けなくなるので次第に胎動が減ったり、弱く感じるようになります。

ただ、臨月に入ったからといって、まったく胎動を感じなくなるわけではありません。

胎動が弱い時の注意点

臨月に入ったら胎動が減るのは自然なことなのですが、まったく胎動を感じなくなるということはありません。
赤ちゃんの性格や気分で激しく動く日があったりおとなしい日もあったりして胎動にも波がありますが、それでも1日に数回は胎動を感じます。
あまりに長時間胎動を感じない場合は注意が必要です。

胎動が弱いなと感じたら半日ほど意識して胎動の様子を確認しましょう。
半日の間で1度も胎動を感じない場合は病院で診てもらったほうが良いでしょう。

臨月でも長時間にわたって胎動がない場合は、赤ちゃんに何か異常が起こっている可能性があります。
病院でいち早く見てもらう事が出来れば、赤ちゃんを守る為に適切な対応をしてもらえますし、なにより安心できると思います。

 - 妊娠