妊婦さんと赤ちゃんとつわり

妊婦さんのつわり対策

*

胎動を感じるのはどんな時 感じやすい姿勢があるの?

      2017/08/10

妊婦

お母さんのお腹の中の胎児は、日々成長し続けています。
妊娠8週ぐらいでは、まだ10g程度しかありませんが、20週目になる頃には300gぐらいまで成長しています。
この頃から徐々に胎動を感じるようにもなります。

胎動を感じるのはいつから?

妊娠5ヶ月ぐらいから赤ちゃんが動き始めるので、胎動を感じる日があるようになります。

妊娠6ヶ月ぐらいでは赤ちゃんの筋肉や神経・聴覚が発達しはじめます。
あまり周囲の音ははっきりと聞こえませんが、お母さんの声は身体を通して他の音よりもはっきりと聞こえるそうです。
赤ちゃんに声をかけてあげると胎動を感じられるかもしれません。

横になっている妊婦
初めての妊娠と2回目以降の妊娠では、いくつか違いがあると言われています。 陣痛の痛みの感じ方や分娩時間に違いがあるという話はよく聞きますね。 一度経験して、これからどのよう

妊娠後期になると胎動にもリズムができる

妊娠7ヶ月~8ヶ月目に入ると、睡眠と覚醒のリズムもはっきりするようになります。
赤ちゃんの睡眠リズムは20分おきなので、胎動にもそれに近いリズムがあるかもしれません。

横になっている妊婦
胎動は成長して大きくなった頃に動くことで感じることができる赤ちゃんの運動です。 大体妊娠中期ころから感じる人が多く、経産婦の人のほうが早い時期からわかるようです。 胎動は、

臨月が近づくと胎動も少なくなる

妊娠9ヶ月以降になると末梢神経も完成して細かい動作もできるようになります。
赤ちゃんは依然として活発的ですが、羊水の中で動けるスペースもなくなっているため、動きが少なくなるかもしれません。

胎動を感じるには、感じやすい姿勢はあるの?

日中でも赤ちゃんは動いていますが、家事や仕事などで忙しく動きまわっていると胎動を感じることが少ないです。

お母さんが夜寝る前などリラックスした状態だと、落ち着いて赤ちゃんの胎動を感じられます。
横になって自分が楽な姿勢でいる時が感じやすいそうです。

寝る女性
妊娠中期にもなるとお腹も目立ってくるようになります。 この時期は、夜眠る時の姿勢に少し注意しなければなりません。 お腹が大きくなっていない状態ならば仰向けで寝ても問題無

胎動は夜に感じることが多い

胎動は夜に感じる事が多いと言われています。
日中も動いてはいますがママが動いていると感じることが少ないためリラックスしている夜に良く感じると言われています。

眠れない
お腹の中で赤ちゃんが成長してくると盛んに動き始めます。 妊娠期間中しか感じられない赤ちゃんからのメッセージに感動することも多いと思います。 そんな嬉しい胎動ですが、夜中

胎動にはどんな種類がある

胎動には赤ちゃんのお腹の中の動き方で種類があります。

赤ちゃんのしゃっくり

妊娠5ヶ月くらいになると赤ちゃんがしゃっくりすることがあります。
しゃっくりは肺呼吸の練習だったり、横隔膜が痙攣することで起こります。
しゃっくりの胎動は規則正しいリズムを刻むようにビクッビクと感じます。
赤ちゃんのしゃっくりは大人同様すぐに止まることはないので、一度起こるとしばらく続きます。

赤ちゃんの回転

妊娠の中盤くらいでは、赤ちゃんは羊水の中で動き回ります。
まだこの頃は赤ちゃんが小さいですが、大きくゴロンと回転すると、お母さんにも感じやすいです。

赤ちゃんのキック

妊娠後期の7ヶ月~8ヶ月ぐらいになると、赤ちゃんはお母さんのお腹を押すぐらいに手足を動かします。
赤ちゃんがお腹を蹴った時の胎動はわかりやすく、蹴った場所を叩いて赤ちゃんとコミュニケーションを取るお母さんも多いです。
中にはキックが痛くて夜眠れないということもあるかもしれません。
どうしても痛い場合は、抱き枕や妊婦さん用のお腹にあてる枕やクッションを利用すると良いかもしれません。

赤ちゃんのおしっこ

赤ちゃんはお腹の中で呼吸の練習をします。
その際に羊水を飲んでおしっこをすることを繰り返します。
赤ちゃんがおしっこする時にブルブルっと震えたような感覚を胎動として感じることがあります。

色々な種類の胎動があり、赤ちゃんによっても胎動が激しかったり弱かったりします。
赤ちゃんが元気過ぎるために痛かったり、夜眠れなかったりしますが、生まれてきてからは胎動を感じることもなくなってしまうので今だけの胎動を楽しみましょう。

 - 妊娠