妊婦さんと赤ちゃんとつわり

妊婦さんのつわり対策

*

赤ちゃんが生まれた時に提出する出生届は遅れると罰金?

   

もし赤ちゃんが生まれたら、出生届の手続きをしなければなりません。
出生届は速やかに提出しない場合は、罰金が科せられてしまいお金がかかってしまいます。
赤ちゃんが生まれてから慌てないためにも今のうちから出生届について調べておきましょう。

スポンサードリンク

出生届を提出する場所は

出生届を提出する市役所は、
・本籍地
・住所地
・出生地
のいずれかになります。

多くの場合は、両親の所在地の市役所になりますが、里帰り出産の場合は時間的な都合で出生地での届け出になることが多いかもしれません。
その場合は、児童手当や乳幼児医療費助成の申請は、後日帰ってから所在地で行います。

出生届は、病院で用意してもらえるところもあるので、出生証明証と一緒に受け取り提出するまで保管しておきましょう。
病院でもらえない場合は、医師に記入してもらう記入欄があるので、あらかじめ手に入れて産後入院中に記入してもいましょう。

出生届は市役所の戸籍課で受け取ったり、市役所のサイトからダウンロードして印刷できます。

出生届を提出する期間は

出生届は子供の誕生日から14日以内です。
14日目が休日の場合は翌日までになります。
休日や夜間でも戸籍などの届け出を受けるけている市役所ならば、土日祝日や夜間でも提出することができます。
ただし、児童手当などの手続きなどは、市役所の業務時間中でなければならないので、平日に行く必要はあります。

出生届の提出に必要なもの

出生届に必要な物は、
・出生届
・出生証明書(出生届けと一緒になっている)
・印鑑
・母子健康手帳
です。

印鑑は記入した書類が間違っていた場合に、訂正する時に必要になります。
母子健康手帳は出生届済証明欄を市役所に記入して貰う必要があるので持参します。

出生届と同時に住民登録も行っておくと二度手間にならずに済みます。
また子供を国民健康保険に加入させたい場合は、国民健康保険証と身分証明書を持参しておくと良いでしょう。
国民健康保険加入手続きの際に本人確認が必要な場合があるためです。

出生届の提出が期限を過ぎた場合

出生届けの提出が14日以降になってしまった場合でも、提出すれば受理されますが、5万円以下の過料を支払わなければなりません。

外国で出産した場合は、出生届の期限は3ヶ月以内になります。

事故や天災などの理由がある場合は、警察や病院で「届出遅延理由書」を発行してもらい、出生届と一緒に提出すれば過料を課せられることはありません。

また届出が遅延した場合は、戸籍届出期間経過通知書に経過した理由を書いて出生届と一緒に提出する義務が発生します。

なるべく余裕を持って提出するようにしましょう。

出生届を提出する前に確認すること

出生届に記入する名前は公的な手続きなため、一度受理されると変更するのが難しくなります。
提出してから名前の間違いを訂正する場合は、家庭裁判所や簡易裁判所などでの手続きが必要になります。

必ず提出前に子供の名前、漢字やふりがなに間違いがないか確認しましょう。
出生届の名前欄だけでなく、出生証明書の名前欄に記入漏れがないかも確認します。
出生証明書の名前以外の部分は医師に記入してもらいますが、名前欄だけは両親が記入します。

赤ちゃんの名前に使えない漢字を使っていた場合は、市役所の窓口でチェックされ、再提出になります。

子供の名前がなかなか決まらないまま14日目になってしまった場合は、名前欄を空欄のままでも受理してもらえます。
名前が決まり次第、追完届という書類を提出することで登録できます。
ただ、戸籍を取寄せた場合に、もともと「名は未定」と記載された箇所に後から名前を追記したことがわかるような書類となるので、早めに子供の名前は決めておきましょう。

 - 出産