妊婦さんと赤ちゃんとつわり

妊婦さんのつわり対策

*

出産すると痔になる?妊娠中に気をつけること

      2016/09/14

痔は男性に多いイメージがありますが、実は女性の方がなりやすい症状と言われています。
特に出産を機に痔になる人は多いです。

赤ちゃんを産むためには、どうしても「いきむ」必要があります。
いきむ時は、相当な力を入れてしまうので、血の流れが悪くなったり、血管が切れてしまうこともあります。
お産で目を閉じてはいけないと言われるのも、目の周りの毛細血管が切れてしまうからです。

お尻の血の流れが悪くなると、その部分が鬱血してしまい痔になってしまうのです。

他にも妊娠中は胃腸の活動が鈍くなりやすく便秘になりすくなります。
産後では、授乳の影響で普段よりも水分が不足しがちになります。
固い便や下痢などによって、肛門に負荷がかかりやすくるなるので肛門が傷ついてしまいます。

このように妊娠・出産・産後は痔になりやすい要素が揃ってしまっているのです。

スポンサードリンク

鬱血することで起こるいぼ痔

痔の一つのイボ痔は、肛門周辺の血の巡りが悪くなり鬱血することで肛門の内側や外側にイボ状のものができて膨らむことで起こります。
最初は違和感や痛みを感じることはありませんが、進行すると腫れて痛みが出ることがあります。
また排便時に出血したり、内側のイボが外に出てくることもあります。

便秘の時になりがちな切れ痔

切れ痔は肛門周辺の皮膚が切れて裂けてしまうことで起こります。
便秘で便が固くなる事で出た時に傷つけてしまうことでよく起こります。
便秘以外でも下痢を繰り返すことで粘膜が弱くなってしまうことで簡単に皮膚が傷つきやすくなってしまうことでも起こります。
肛門周辺の皮膚は痛みを感じる神経があるので、排便時に激しい痛みを感じたり、出血を伴うこともあります。

いぼ痔は外に飛び出して入ることで痛みを感じる

イボ痔の場合、押してお尻の穴の中に戻してあげると鬱血が改善されたり、血流が変わることによって炎症が治まることがあります。
押しこむ時は、爪を短く切った指を清潔にして、イボを指の腹で押します。
痛みのあるイボ痔の場合はイボに触れるだけでも痛いかもしれませんが、中に戻すことで痛みが引くこともあります。

患部を温めながら押しこむと良いので、お風呂に入りながらすると効果的です。
爪が長かったり、いぼを傷つけてしまうと逆効果ですのでしっかり爪を切り手を清潔にしておくことは当たり前のようですが本当に大切です。

大体1~2ヶ月程度で治るようですが、日常生活に支障が出たり、切れ痔だった場合は、産婦人科や肛門科で診察してもらって薬をもらって治療することをオススメします。

水分補給と食事の改善

便が固くなることが痔になる原因になるので、なるべく便秘になることは避けなければなりません。
便を固くしないために水分補給は大切です。
特に産後は母乳に水分を取られてしまいます。
母乳の8割以上は水分で出来ているので、授乳中のお母さんは冬は3リットル、暑い夏場は4~5リットルの水分を摂取するのが良いと言われています。
朝起きたら1杯の水、食後にもかならず1杯の水、授乳の後にもい1杯の水というように、喉が渇く前にこまめに水分を補給すると良いでしょう。

食事は肉の食べ過ぎに注意する

食事で肉を食べ過ぎてしまうと、痔になりやすくなってしまいます。
霜降り肉などの脂がのったお肉は胃もたれや消化不良を起こしやすく、脂肪やタンパク質は腸内環境を悪化させる要因です。
肉を摂る回数を減らしたり、肉よりも魚を食べて、内臓への負担を軽減させたり、妊娠期間中は意識して腸内環境を整える必要があります。

肉を食べる時は必ず野菜も一緒に食べるなどすると良いでしょう。
一緒に食べる野菜はタマネギやニンニクなどがオススメです。
たまねぎやニンニクはビフィズス菌を増やすのに一役買ってくれます。
肉で悪玉菌が増えても、野菜、果物、ヨーグルトなどを食べることで悪玉菌を減らし、善玉菌を増やせれば腸内環境の悪化を防ぐことが出来ます。

下半身を温める

妊婦に痔が多いのは、身体の冷えが原因とも言われています。
お腹の赤ちゃんが大きくなることで、内臓や血管が圧迫され血の巡りが悪くなってしまいます。
妊娠中に腰痛になりやすいというのも、血流が悪くなることからくる腰回りの冷えと言われています。
妊婦さんは自分で考えている以上に身体が冷えていることがあります。
身体が冷えると更に内臓の機能も衰えてしまい、内臓の機能が低下するとさらに血流が悪くなってしまい、鬱血につながってしまい、それが痔につながってしまいます。

手足が冷えているなど血行の悪さを感じることが多い場合は、お風呂で温まったり、身体を温める生姜など食べて身体を温めて血行を良くするようにしましょう。

 - 出産にむけて