妊婦さんと赤ちゃんとつわり

妊婦さんのつわり対策

*

少額短期保険って何?

      2016/10/07

2006年の保険業法改正によって生まれた新しいタイプの保険です。
少額短期保険はその名の通り、保障金額が「少額」でかつ保険期間が「短期」(通常1年)の保険契約の引受のみ行います。

スポンサードリンク
FPのチカラ

少額短期保険の特徴

少額かつ短期の保険なので、これまでの保険会社が取り扱っていないような保険商品があります。
その中に妊娠中の妊婦でも加入できる医療保険があります。
少額短期保険の中には妊娠32週まで引受可能な保険もあります。
妊娠中でも加入できる保険のほとんどが、妊娠27週目までがリミットであることが多い中で、このような保険は、保険の加入時期が遅れてしまった方にとって、大変心強いものとなります。

少額短期保険と保険の違い

大きな違いとして、少額短期保険は保険期間が1年の短い保険しかないことです。
掛け捨てであるため貯蓄性のある保険運用もできません。
1年契約になるため終身タイプの保険はありません。

少額短期保険は普通の保険会社とさまざまな面で違うところがあります。
まずは普通の保険を検討し、加入できなかった場合などに考えてみてはどうでしょうか。

保険の無料相談や見直し

妊娠・出産は人生の一大イベントです。できることならお金の心配をせずに出産を迎えたいですよね。
妊娠した女性にあった医療保険を探している・見直したい方は、中立的な立場のFPが自分にあった保険を提案してくれる無料保険相談がオススメです。

FPのチカラでは相談するフィナンシャルプランナーを選べる事ができ、1時間程度でも相談しに来てくれます。
上手にFPを活用して複数の保険会社から良い条件のプランを紹介してもらいましょう。

>>指名型保険相談サービス【FPのチカラ】

FPのチカラ
FPのチカラ

 - 妊娠・出産前に準備しておきたい保険