妊婦さんと赤ちゃんとつわり

妊婦さんのつわり対策

*

夜寝ているのに眠い、妊娠初期の眠気はなぜ起こる

      2017/05/11

妊娠した最初の頃に眠気が普段よりも強いと感じることはないですか?
夜更かしをしているわけでもないのに、眠たくて仕方がない。
強い眠気を感じるのは妊娠初期にありがちな症状の一つです。

日中に強い眠気を感じる場合は、どうすればよいでしょうか。

スポンサードリンク

妊娠初期で眠くなるのは、つわりの症状の一つ

つわりと聞くと吐くイメージが強いですが、つわりにはいろいろなタイプがあります。
その一つに眠りづわりがあります。
妊娠初期におこる体の不調には、胃もたれ、吐き気、頭痛、倦怠感やだるさなどありますが、寝ても寝ても寝たりないというのが眠りつわりです。
妊娠初期に特に顕著なホルモンの変化によって起こる症状だとも言われています。
そのため、つわりが治まる安定期に入る頃になると症状も軽くなります。

胎児
つわりも治まり、流産の可能性も少なくなる安定期は、妊婦にとって最も心身ともにリラックスできる時期ではないでしょうか。 友人への妊娠報告も安定期になってからしようと考えてい

なぜ眠くなるのか

妊娠初期は、女性ホルモンの分泌が盛んに行われています。
妊娠を継続するために、身体が順応しようとしているのです。
この時に分泌されるホルモンの一つの黄体ホルモンが眠気に関係していると言われています。

人は体温が下がると眠くなり、体温が高くなると覚醒するようになっています。
黄体ホルモンは体温を上げる働きがあり、夜になっても体温が下がりにくくしてしまいます。
そのため、夜に質の良い睡眠が取れなくなってしまうのです。
黄体ホルモンが多い妊娠初期は、こうして「夜寝ているのに眠い」状態になると言われています。

眠れない
ベッドに入ってみたけど、なかなか寝付けないで時間が経ってしまう。 寝る時間になっても眠くならない、寝ても気持ち悪くなって起きてしまう。 つわり時期や妊娠中に眠れないと悩んでいる

眠いときは寝るのが一番効率良い

眠いのを我慢して作業しても効率はよくありませんし、ケアレスミスも起こしがちです。
眠りづわりは治そうと思っても治せるものではないので、どうしても眠気が抜けない時は、少し仮眠をとると良いでしょう。

仮眠を摂る際の注意点

注意しなければいけないのが、長すぎる仮眠は逆に眠気が抜けなくなってしまう事です。
普通、睡眠は浅い眠りから入ってから深い眠りに入ります。
浅い眠りの時に起きると、眠気を引きずること無く、スッキリと目覚めることができます。
そのため、深い眠りに入る前に起きることがポイントです。
浅い眠りから深い眠りに入るまでは大体15~20分ほどかかると言われているので、この時間内に起きられるようにタイマーをセットしておくと良いでしょう。

仮眠は寝づらい方が良い

夜眠る時は、快適な睡眠が理想ですが、仮眠の時は快適な睡眠が良いというわけではありません。
快適に眠れると、睡眠は深くなってしまい、起きた時のスッキリ感がなくなります。
仮眠をとる時の姿勢は、やや寝づらい、少し寝苦しいと感じるくらいが丁度良いです。

机で伏せて寝る専用の枕など仮眠グッズもあります。
体を横にして眠るわけではないので、枕の快適性を上げることは仮眠がとりやすくなるかもしれません。

仮眠から覚めたらやるべきこと

仮眠から起きた時は、しっかりと覚醒させるためにも強い光に当たると良いです。
強い光は、太陽の光が一番ですが、場所によっては無理かもしれません。
その場合は、室内の照明の光に当たるようにしましょう。

冷たい水を飲んだり、軽いストレッチで体を動かすことも脳がしっかりと目覚めるためには効果的です。

職場でも眠気覚まし

職場などで仮眠がなかなかとりにくい時は、眠気覚ましとしてガムを噛むというのも一般的な方法として親しまれています。
ガムを噛むことで脳の中の血液循環が促進され脳の働きを活発にさせることができるのでガムを噛んで眠気を解消するのは理にかなっているとても良い方法なのです。

笑ったり話したり歌ったりすることも口を積極的に動かすことで顎が活発に動くので、脳が刺激されて眠気覚ましにもなります。

仕事
妊娠がわかってもお腹が大きくなるまで働き続けるお母さんは多いようです。 でもつわりがキツイ時の仕事はどうしてたのでしょうか。 意外なことに多くのお母さんは仕事中はそれほどつわり

妊娠中には、何かと体の不調に悩まされることが多いですが、眠気もその一つです。
お腹の中の赤ちゃんを育てるために眠くなるのは仕方のない事だと考え、短い時間であっても睡眠をとってしっかりと体を休めるようにしましょう。

 - 妊娠中の体のトラブル