妊婦さんと赤ちゃんとつわり

妊婦さんのつわり対策

*

心拍確認に基礎体温が下がった

      2017/08/08

体温計

基礎体温は赤ちゃんの成長を知る1つのバロメーターになります。
基礎体温は排卵日から上がり始め、受精卵が着床するとそのまま高温を維持し続けます。
そのため、赤ちゃんが順調に育っている場合は基礎体温が高温で推移します。
心拍確認後に基礎体温が下がると不安に感じる人も多いです。

妊娠してから基礎体温が下がるのはいつ?

妊娠すると、胎盤を形成するために黄体ホルモンが継続して分泌されます。
この黄体ホルモンのために基礎体温が高温のまま推移するようになります。

つまり胎盤を形成して黄体ホルモンの分泌が弱くなる時期が基礎体温が下がり始める時期になります。
大体妊娠12~15週ごろの安定期に入るぐらいと言われています。

ただ、基礎体温が下がり始める時期には個人差があり、これよりも早めに下がることもあるようです。

体温計
妊娠初期には体温が高温のまま続くということは、多くの妊婦さんが知っていることですが、妊娠中期の安定期に入った時の体温はどうなるでしょうか。 安定期を過ぎても体温計で検温し

基礎体温が下がるのは

基礎体温が下がったら流産と決まってしまうのでしょうか。
医師によると基礎体温は微妙なもので、それだけで流産の兆候と判断するのはなかなか難しいものだそうです。
基礎体温は、少しのことでも変化したりします。
基礎体温を計る時間や部屋の温度などにも左右されます。
例えば少し布団がずれて肩が出ていただけでも下がります。
基礎体温だけで判断せず、他に出血や腹痛などの症状がないかも併せて確認して、もし他にも症状があるなら早めに病院で検査を受けたほうが良いでしょう。

心拍確認後に基礎体温を計っている理由は?

妊娠初期などは、妊娠しているかを判断するために基礎体温を計ることは重要です。
ですが、胎嚢も心拍も確認でき妊娠が決定した以降も基礎体温を計る理由はあまりありません。
心拍確認後も赤ちゃんが成長しているかどうかを確認して安心するために計った結果、不安になっているのであれば計測する必要はないでしょう。
基礎体温が下がって不安を感じているのなら、一度なぜ基礎体温を計っているのか確認したほうが良いでしょう。
流産の予知・予防のためならば、すぐに病院で検査を受けて医師に相談した方が良いでしょう。
とにかく不安を抱えている時間を短くするべきです。
大体の人は、心拍確認後は基礎体温の計測を止めています。

悩む女性
妊娠前は基礎体温を計ることは大事でした。 基礎体温を計ることで排卵日が予測できたり、生理がいつ頃なのかがわかり生活のリズムを前もって知ることが出来ます。 妊娠したかどうかも

 - 妊娠