妊婦さんと赤ちゃんとつわり

妊婦さんのつわり対策

*

産後になりやすい子宮下垂・子宮脱

      2017/07/21

腹痛

妊娠してから出産するまで骨盤は徐々に緩くなっていきます。
これは、赤ちゃんを出産しやすいようにするために必要な体の作用です。
ですが、骨盤が緩くなることで母体にはあまり良くない影響がしばしば起こります。
最も実感しやすいのは腰痛や肩こりなどが挙げられます。
これは妊娠中などでもよく悩んでいる妊婦さんは多いのではないでしょうか。
そして、出産後に起こりやすい子宮下垂や子宮脱の原因にもなります。
症状が軽い状態の子宮下垂は特に自覚症状がないため気づきかない妊婦さんが多いです。
ですが、進行すると膣に異物感や痛みを感じたり引っ張られる感じがするようになります。
さらにひどくなる子宮脱になると重い物を持った時やくしゃみなどお腹に力が入ることをした時に子宮が飛び出してしまうことがあります。

スポンサードリンク

子宮下垂・子宮脱とは

本来の子宮の位置より下がってしまい、膣の中にとどまっている状態を「子宮下垂」といいます。
この状態では自覚症状もなく、特に治療の必要もありません。
膣エコーなどの診察などでわかりますが、出産後の妊婦さんにはよくあることなので、産婦人科医も何も言わないことが多いです。
この状態のまま、長時間立ち仕事などをしていると徐々に膣の外に飛び出してしまう「子宮脱」という症状になります。
子宮脱になってしまうと下着と擦れて痛みや炎症を起こし、歩行が困難になって日常生活にも支障がでる恐れがあります。
また排尿が頻繁になったり、全く出なくなることもあります。
子宮脱が起こる場合に、前方の膀胱や後方の腸も一緒に外にでてしまう膀胱脱・直腸脱などの症状が出ることもあります。

考える
更年期障害と聞くと、ある程度の歳をとってから起こるイメージがあるので、20代、30代の人には関係無いように思うかもしれません。 更年期障害は、閉経することによって女性ホルモン

産後は骨盤が緩い

ウエスト
なぜ子宮下垂が出産後の妊婦さんに多いのかというと、骨盤の周囲の筋肉が弱くなったり緩くなったりしているためです。
子宮の正常な位置は、骨盤のほぼ真ん中にあり、前後左右の靱帯と骨盤底筋群(子宮を下から支えている筋肉)の組織によって定位置に収まっています。
子宮下垂の原因は、この子宮を支えている靱帯が弱くなったり、骨盤底筋群の弾力の衰えによって症状が起こります。

また、出産後に子宮下垂になっていないとしても、この時期に立ち仕事などで負担をかけていると高齢になった時にこういった症状になる可能性があります。

産後の床上げと言われたり、産後しばらくは体を休めたほうが良いと言われるのはこのためです。

寝る
昔から産後の床上げは1カ月ぐらいたってからの方が良いと言われます。 昔は朝起きた時には布団をしまっていましたが、病気になったり出産後は布団を敷きっぱなしにして回復するまで

子宮脱は自然に治る?注意する点は

子宮脱と言っても、いくつかの段階があります。
子宮脱の中でも比較的症状が軽い子宮下垂であれば、立ち仕事で負担をかけないようにするなど生活面で注意したり、簡単な運動や体操などで自然に治すこともできます。
子宮下垂だと、自覚症状もちょっと下腹部に違和感を感じる程度で日常生活に問題ない事が多いですが、放っておくと症状が酷くなることもあります。
症状が酷くなると手術などの治療が必要になったり、元に戻らなくなる場合もあります。

産後の早い段階で骨盤底筋を鍛える運動で子宮周辺の筋肉を鍛えたり、マタニティベルトなどを活用して緩くなった腰回りを支えてあげましょう。

子宮脱が軽い場合は骨盤底筋運動で改善

子宮下垂は気付かずに放っておくと症状は進んでいきます。
早い段階で気付けると、症状が軽く骨盤底筋群を鍛えることで、回復も見込めます。
骨盤底筋群は骨盤底筋体操で鍛えましょう。

仰向けのトレーニング

1.仰向けに寝て、肩幅に足を開いて膝を立てます。
体の余計な力を抜き、骨盤底を1・2・3・4・5と数えながら引き締めます。(肛門・膣・尿道を閉めながら陰部を体の中に引き上げるイメージ)

この運動を5秒×10セット行いましょう。

2.仰向けに寝て、肩幅に足を開いて膝を立てます。
息を吐きながらゆっくりお尻を引き締めながら上げます。肩・背骨・膝が一直線になるように腰を上げ3秒停止し、息をゆっくり吸いながら下します。

この運動を3秒×10セット行いましょう。

お尻歩き

両足を前にそろえて座り、両肘を上げ、腰をひねりながら骨盤を押し出すように、お尻で10歩前へ進み、後ろに10歩戻ります。
この運動を5セット行いましょう。

お尻歩きは骨盤の歪みの矯正効果が強く、骨盤底筋を鍛える効率は仰向けになってする運動に比べる少し落ちますが、産後は骨盤が歪んでいることが多いので併せて運動を行うと良いでしょう。

このような運動を日々続けて骨盤底筋群を鍛え、子宮下垂の進行を防ぎましょう。
お腹周りや下半身のダイエットにもなります。

【PR】 産後は買い物が大変

産後は、分娩で頑張った身体を回復させるために休む大切な時期です。
そして、新しく家族に加わった赤ちゃんのお世話も忙しく、買い物に出かけるのも難しくなってしまいます。

そんな時に備えて、今のうちに生協の個別宅配サービスを試してみると良いかもしれません。

生協は、離乳食などの赤ちゃんのための商品のカタログもオプションで用意されているところもポイントです。

生協の宅配は、毎週決められたカタログの中から注文するので、その時に欲しいものが載っていなかったりするなど、少し使い勝手が独特です。
カタログのシステムは便利に感じたり、不便に感じたりするところだと思います。
資料請求をするとカタログが見れるので、産後の育児で忙しくなる前に試してみませんか。

>>個別宅配サービースの資料請求はコチラから
(資料請求でお試しサンプルがもらえます)

 - 出産