妊婦さんと赤ちゃんとつわり

妊婦さんのつわり対策

*

生理不順の検査ではどんなことするの

      2017/07/05

ダイエットする女性が増えたためか。
欧米の食生活によるものなのか。
生理が2ヶ月こない、ひどい時は半年経っても来ない時がある。
決まった周期で生理が来ないなど生理不順で悩む女性は増えています。

スポンサードリンク

慢性的な生理不順は不妊症につながるかもしれないので早めの検診を

生理不順は放っておくと不妊症につながったりと将来困ったことになるかもしれません。
食生活や睡眠などの生活リズムを改善していくことで、ほとんどの場合は改善されます。
けれども、半年経っても来なかったり、慢性的に生理不順で悩んでいる方は婦人科での検診を受けることオススメします。

でも生理不順で婦人科に行くことに抵抗を感じる人は多いのではないでしょうか。

腕組みする女性
食生活の欧米化やストレスなどによって起こる生理不順。 動物性食品を摂ると、女性ホルモンのひとつであるエストロゲンが過剰に分泌されてしまい、生理痛や生理不順の原因にもなると言われて

どんな時に病院で検診を受けた方が良いの?

生理周期は、ストレスや疲れなどでも簡単に乱れてしまいます。
どの程度、リズムが崩れていると危険なのか、病院へ行くべきなのか判断が難しいかもしれません。
注目すべきポイントは、生理期間の長さと、生理周期(何日間隔で起こるか)です。

生理期間が3~7日の範囲ではない

通常、生理期間は3~7日で終わります。
生理の期間が長く、8日以上も出血している状態を過長月経と呼ばれています。
これは生理の異常として考えられ、ホルモンバランスの乱れや子宮の病気などが考えられます。
また、2日以内に終わるなど、極端に生理期間が短い場合も異常となります。

腕組みする女性
ちょっと前までは生理が来なかったけれども、最近になって生理が止まらない。 ダラダラとなかなかな終わらない生理の出血は、なにかの病気ではないかと心配になりますよね。 生理不順にな

2~3ヶ月以上生理がない

正常な生理周期の平均は25日~38日と言われています。
ただ、生理周期はストレスや疲労などで簡単にずれてしまいます。
前回の生理周期が正常の範囲内で起こっていて、かつ今回の周期日数のズレが7日程度であれば、それほど気にしなくても良いでしょう。
次回の生理が起こる時の周期日数には注意しましょう。

それよりも大幅に遅れている、2~3ヶ月ほど生理が機内場合は、病院で受診しましょう。

カレンダー
女性の体はホルモンの関係で一定の周期で生理が繰り返されます。 一般的に生理は25日~38日くらいの周期で起こります。 しかし、生理周期がバラバラで半年も来ない人や毎月複数回来る

生理不順で受診する時は、何科に行けば良い?

生理に関するトラブルで相談や受診をする場合は、婦人科と産婦人科で診てもらうことができます。
婦人科では、生理不順だけでなく、不正出血、お腹の痛み、おりものの異常などを専門に取り扱っています。
産婦人科では、婦人科の病気に加えて、妊婦健診や不妊治療などを取り扱っています。

基本的には、どちらの科に言っても、相談や受診はしてくれます。
産婦人科は妊婦さんの割合が多いので、妊娠の可能性がない場合は、婦人科で良いでしょう。

婦人科の検査ってどんなことするの?

生理不順の検査と言っても、どんな検査をするのか、いまいちイメージがわかないのが普通ではないでしょうか。
どんな診察なのかわからないと不安になってしまうかもしれないので、どんな検査があるのか予め把握しておきましょう。

問診

まずは問診です。
治療中の病気はないのか。
月経周期はどうなっているか。
最近の月経の日と期間は?
生理痛はあるか。
生理不順はいつごろからか。
などが聞かれると思います。

特に生理周期はポイントになるので、受診するまえには基礎体温を計っておいて伝えることができればスムーズに進むと思います。
大体1、2ヶ月の周期を伝えられれば十分でしょう。

体温計
そろそろ妊娠したいなと考えている時に重要になってくるのが排卵日の予測です。 排卵日を確実に予測することは難しく、特定することはできませんが、毎日の体のリズムを把握しておけばある程

内診

そして内診です。
内診では子宮や卵巣の硬さや子宮筋腫がないかの確認をします。
なるべく緊張しないように、無心になってリラックスした状態だと器具を入れても痛くないですし、割りとあっさりと終わります。
診察時間も2~3分程度だと思います。

生理不順の診察って内診をするの?

若い人の中で婦人科に行きたがらい理由として、特に内診が怖い、恥ずかしいと感じるからが多いかもしれません。
大体の人が内診台での触診が嫌だと思っているのではないでしょうか。

残念ながら大抵は生理不順の診察で内診はすると思います。
というよりもそこに異常があったら大問題なので、診てもらったほうが結果的には安心すると思います。
レディースクリニックなど女性医師がいるところで受診するようにすれば多少はハードルが下がるのではないでしょうか。
どうしても嫌だという場合は初診の前に電話や先生に相談してもよいかもしれません。
場合によってはエコー検査だけで確認できることもあります。

エコー検査

そしてエコー検査があります。
診察台で横になって機械を当てて、超音波を当てる診察です。
子宮や卵巣などの様子を観察して、生理不順の原因や腫瘍がないかの確認をします。

血液検査

重度の生理不順になると、ホルモンバランスが乱れている可能性があります。
その場合、ホルモンを薬などで補充する必要がありますが、2種類あるホルモンのどちらが不足しているかを調べる必要があります。
エストロゲンやプロゲステロンといった女性ホルモンの血中濃度を見ることで、卵巣や黄体の機能に異常がないかも検査します。

検査の内容がわからずに漠然と不安を感じていた方も多いと思います。
婦人科の検査の簡単な説明でしたが、すこしはイメージが掴めたでしょうか。

生理不順は保険で不利になることも

生理不順は放っておくと、不妊症になるだけでなく、子宮の病気を見落としてしまって最悪命に関わることもあります。
また、重度の生理不順だと保険に入る時に不利になってしまうこともあります。
いずれにしても早いうちに受診して対応しておいた方が良いというのは絶対だと思います。
30代になって妊娠しようと思ってからの受診では遅すぎるケースが多く、「もっと若い時に受診すればよかった」と後悔することになります。

特に日常生活に支障がでるわけでもないので、生理不順を気にする人はあまりいません。 生理不順だからといって婦人科で検診を受けようとする人は少ないでしょう。 たかが生理不順ぐらいと

【PR】 葉酸は足りていますか?

子宮や卵巣は、思っているよりも簡単に不調になりやすい臓器です。
これらの臓器が不調になると女性ホルモンのバランスが乱れやすくなります。
2つの女性ホルモンのバランスが崩れることが生理不順や不妊の症状を引き起こす原因になるのです。

妊娠前や妊娠中には葉酸が大事と言われます。
葉酸は卵巣の老化・自律神経に乱れ・セロトニン不足の解消に一役買っているのでホルモンバランスを整える作用があります。
けれども、葉酸は普段の食事から摂ることが難しい栄養素です。
健康な赤ちゃんを産むためにも、葉酸サプリメントを今から始めてみませんか。

>>健康な赤ちゃんを産むためにベリタ葉酸サプリ

 - 生理不順