妊婦さんと赤ちゃんとつわり

妊婦さんのつわり対策

*

里帰り出産するときの準備しておくことは

      2016/06/06

初めての出産の場合、里帰り出産を希望するお母さんは多いようです。
何かあった時に、子育ての先輩である母親がついてくれるのは心強いものです。
里帰り出産を決めた場合、いろいろと準備をしなければなりません。

産婦人科を選んでおく

産院では、妊娠20週までにお産の入院予約をするのが一般的です。
病院によっては妊娠12週までの受付など、早い時期の予約や来院、予約金が必要になるケースがあります。
分娩予約制限に達すると、受け付けてもらえなかったりする場合もあります。
選んだ病院によっては、里帰り前に診察を受けないと予約ができない、里帰り前から定期的な受診を始める、というところもあるそうです。
なるべく早めに病院の予約をした方が良いでしょう

転院することを決めたら、早めに現在かかっている産院に伝えておきましょう。
紹介状を書いてもらったり、転院時期の相談や、書類の手続きなども確認しておくと安心です。

実家に持っていく荷物をまとめる

里帰り出産を決めたときから、少しずつ実家に持っていく荷物をまとめておきましょう。

入院の準備で必要なもの

・母子手帳
・病院の紹介状(経過報告書)
・健康保険証
・印鑑(急な手術等に備えて)
シャチハタ不可の場合がほとんどなので、注意しましょう。
・身分証明書(出生届などの申請をする場合必要になります)
・現金
入院中必要なもの、赤ちゃん用品、検診受診料の支払いのために必要です。
特に、県外への里帰り出産の人は、多めに持っていくと安心です。

出産前や出産時に必要なもの

・衣類、下着
・洗面用具
・マタニティ用服
・パジャマ
・産褥用のショーツ
・ナプキン
・化粧品など身の回りのもの

妊婦用のパジャマは、産褥(さんじょく)などで汚れる可能性もあるので、多めに持って行くと良いでしょう
産褥用ショーツやナプキン産婦人科で提供される場合もあります。

産後に必要になるもの

・出産後に着る洋服
・授乳しやすい洋服
・補整下着

補正下着は 産後の内蔵や歪んだ骨盤を正しい位置に戻し、ボディラインを妊娠前の状態に戻すことができるようサポートするために使用されます。
補正下着の他には骨盤ベルトなどが一般的に使用されます。

ベビー用品など

・おむつ
・哺乳瓶など母乳、ミルク関連用品
・肌着ベビーウェアなど赤ちゃん用の服
・ベビーバス
・その他ベビー用品

ベビーカーなどは出産後すぐに必要になることはあまりないので後回しでも問題無いでしょう。
赤ちゃんのミルク関連やお風呂用品などはすぐに必要になります。
また里帰りから帰った時に自宅で赤ちゃんを寝かせる場所を確保しておくと良いでしょう。

当日の荷物を減らしておこう

里帰りをする場合、お腹が大きく移動が大変かもしれません。
宅配便などを利用して当日の荷物を最小限にしておくと移動が楽になります。
また、里帰り先でも買えるものは現地調達するという方法もあります。
必要な荷物を整理して、なるべく身軽にしておきましょう。
最近ではベビー用品のレンタルもあります。
種類が少なく使いづらいかもしれませんが上手に活用すれば
節約になるかもしれません。

ナイスベビー

ダスキンレントオール かしてネッと

家事の引き継ぎをする

里帰り出産をしている期間は、お父さんは自宅で1人で生活をしなければなりません。
勝手が分からず、困ってしまうことも多いので、家を空けても大丈夫なようにあらかじめ準備をしておきましょう。
日ごろ家事などをしないお父さんなら、簡単な家事のやり方を伝えておきましょう。(炊飯、お皿洗い、洗濯、ゴミの出し方や収集日時、簡単な掃除等)
レトルト食品、缶詰、冷凍食品などの食品類や、トイレットペーパー、洗剤、シャンプー、ゴミ袋といった消耗品は留守中に十分な量を買い置きして、どこにあるのかを伝えておき、張り紙をしたり配置を工夫して分かりやすくしておいてあげましょう。
(服、下着、食品、消耗品、簡単な炊事道具、貴重品等)
家計の管理をしていたなら月々の支払いなど、しっかり伝えておきましょう。
(新聞代、町内会費、家賃、電気代等)
最後に、帰省先の実家や病院など、緊急の連絡先メモを残しておきます。
自宅に帰ってきた後もしばらくの間は赤ちゃんが小さいため、頻繁な外出は困難です。消耗品などはある程度まとめて買い置きをし、銀行引き落としなどであらかじめ口座に入金しておけば済むものは、数ヶ月分まとめて入金しておくなど、帰宅後も見据えて準備しておくと良いかもしれません。

赤ちゃんが自宅に来たときのための準備

出産後は赤ちゃんのお世話で体力を消耗しています。
里帰り先から自宅に戻った時に、赤ちゃんを寝かしつけられる状態にしておくと、お母さんもすぐに休むことができます。
産後も意識して準備しておくと帰ってきた時が楽になります。

 - 里帰り出産