妊婦さんと赤ちゃんとつわり

妊婦さんのつわり対策

*

妊娠線ができやすい人はどんな人?妊娠中期からする妊娠線予防は

   

妊娠線ができ始める時期は、一般的には妊娠後期といわれています。
ですが、妊娠線ができる時期は人によって異なります。

妊婦さんのお腹が大きくなって目立ちだすのは妊娠5ヶ月を過ぎた妊娠中期ごろからです。
妊娠線ができるのは、妊娠後期ごろが多く、その次に妊娠中期ごろに妊娠線ができたお母さんが多いです。
妊娠初期以降、またはつわりが終わり、食欲が急激に増して体重が増加する頃になる人も少ないのです。

妊娠線はなぜできるの?

皮膚は、表皮、真皮、皮下組織の三層でできています。

妊娠して赤ちゃんが成長するに連れてお腹が大キックなり、それにあわせて表皮もある程度伸びます。
けれども、表皮の下の部分の真皮と皮下組織は、表皮ほどの弾力性がないので伸びにくく、急激な大きさの変化についていけずに亀裂が生じてしまいます。
亀裂が出来ると赤紫色の線上斑が現れます。
これが妊娠線の正体です。

ただ、妊娠線は妊娠した女性が必ずなるわけではなく、できやすい人とできにくい人がいるようです。

妊娠線ができやすい人は

乾燥肌の人

肌に柔軟性がある方が、あなかが突っ張っても亀裂が生じにくくなります。
水分が少なくなってしまうと、肌は固くなり柔軟性が失われてしまいます。

乾燥肌の人は表皮やその下の皮下組織の水分が失われやすので、肌が伸びにくく亀裂ができやすくなってしまいます。
化粧品などで真皮まで保湿成分が吸収されることは少ないですが、表皮は体内の水分が蒸発するのを防ぐ働きもあり、肌のうるおいを保つ働きがあります。
また、肌表面が潤う事によって皮膚はしなやかで美しくなりますし、保湿機能が正常に働くことは重要なので普段から保湿や血行促進のために、マッサージなどをしてみましょう。

体重が急激に増加した人

体重の増加も妊娠線に影響します。
体重が増えるということは、すなわち身体に余分な脂肪がついているということです。
皮膚の下層にある皮下脂肪は脂肪でありながら伸縮性がない脂肪です。
皮下脂肪などが厚いと皮下組織の弾力性がなくなるので妊娠線が出やすいといわれています。
また妊娠線も下腹部、乳房、太もも、臀部など脂肪のつきやすい部分によく現れます。

妊娠線以外にも妊娠中の急激な体重増加は良くないので、しっかりと体重管理はしていきましょう。

出産経験のある経産婦さん

妊娠線は二人目妊娠の時にできやすいと言われるほど、経産婦さんに出来ることが多いです。

1回目の出産で皮下組織が疲弊していて、今回の妊娠で妊娠線ができやすい状態になっている。
1回目の妊娠で妊娠線ができなかったことから、油断して十分なケアをしていなかった。
年齢が必然的に高くなっていることから、肌の保湿、柔軟性が落ちてしまっている。
などいろいろな理由が言われています。

いずれにしろ妊娠線ができないよういケアをしておいた方が良いでしょう。

双子などの多胎妊娠の人

1人の赤ちゃんだけでもお腹が大きくなるのに、双子や三つ子ともなるとそれ以上に大きくなり強い力で引っ張られてしまいます。
より妊娠線ができてしまいやすいと言えるでしょう。
多胎妊娠の場合は、妊娠中期以降、妊娠線がどこにできているかというチェックを行い、早めのケアを心がけましょう。

妊娠中期ごろが秋冬になる人は、要注意

秋と冬は空気が乾燥してくる季節です。
空気が乾燥していると肌の潤いも足りなくなって、乾燥肌になりがちです。

妊娠線はお腹にできるものと思われがちですが、お腹以外にもできてしまうことがあります。
顔は毎日化粧するので保湿などのケアも十分かもしれませんが、お腹や胸、太ももなどのケアはあまりしませんよね。

妊娠中はさらに乾燥しやすくなってしまいます。
クリームなどを使って十分な保湿を心がけましょう。

予防するためには

妊娠線は体型や体質によって出来やすい、出来にくいなどの違いがありますが、原因を知っておくと予防がしやすくなります。

保湿ケア

妊娠線ができてしまう原因の1つは、皮膚からうるおいが失われてしまっているためです。
皮膚に十分な水分がないと、柔軟性が失われ、弾力を失って弱ってしまいます。
そこに赤ちゃんの成長にともなってお腹が大きくなって皮膚が引っ張られてしまうと、耐えきれずに亀裂が生まれてしまいます。
皮膚の乾燥から妊娠線ができやすくなることがあるので、妊娠線の予防には保湿クリームを塗るのが効果的です。

マタニテイ用のガードルや腹帯

妊娠線は皮膚が強い力で引っ張られることで、皮膚内部の真皮が表皮の伸びに追い付けずに亀裂を起こすために出来ます。
お腹が大きい時は、少し動いただけでもお腹が揺れてしまって、皮膚や筋肉が伸びてしまいます。
それを防ぐには、お腹を固定して上げる必要があります。
腹帯やマタニティガードルを使えば、大きなお腹を支えることができ固定することができます。

またお腹がどんどん大きくなってくると腰が痛くなってしまうので、腰痛予防にも効果があります。
マタニティガードルは妊娠中から出産後まで長く使えるのでひとつ持っていると安心です。
妊娠中は腰回りが安定して動きやすくなり、出産後は骨盤が緩んでいるのでそれのサポートに使います。

オイルマッサージ

妊娠線の保湿ケアには、保湿力が高い浸透性の高いオイルがよく使われます。
オイルを使って乾燥しがちな肌を柔らかくするためにオイルマッサージを毎日して保湿することは妊娠線予防になります。

まずお腹のマッサージの方法は、
・おへそを中心に円を描くようにオイルを広げていきます。
・全体的にオイルを塗り広げたら、上から下に撫でるようにマッサージをします。
・最後は下腹部からハートを描くように下から上に優しくさすります。

妊娠線はお腹だけでなく、胸にも出来ることがあるので、胸のマッサージもあわせて行いましょう。
・乳房の下に手を当て、バスト全体に円を描くようにオイルを塗ります。
・乳房の下の部分に妊娠線ができることが多いので、バスト全体を持ち上げるようにマッサージします。

妊娠線は一度出来てしまうと消せないと言われています。
妊娠中、それも早いうちから毎日ケアをしていくことが大切です。

 - 妊娠