妊婦さんと赤ちゃんとつわり

妊婦さんのつわり対策

*

なぜ妊娠中は水が嫌になるのか

      2016/10/05

少しずつ飲む

妊娠中、特につわりの時期は食べたくなる物や飲みたくなる物の好みが変わると感じる妊婦さんは多いです。
ご飯の匂いがダメになってしまって、今まで食べられていた米が食べられなくなったりします。
食べ物だけでなくお茶や水が美味しく感じられなかったり、水道水のカルキ臭さがつわりの気持ち悪さを誘発してしまったりとつわりの時期は食べ物や飲み物に悩まされてしまいます。
食べ物が食べられないのも辛いですが、喉が渇いているのに水を飲めないのもしんどいですよね。

スポンサードリンク

妊娠初期症状の一つ

食べ物や飲み物、香りに対する好みが変化するのは妊娠超初期(0~3週目)や妊娠初期(4~15週目)にはよく見られる症状の一つです。
妊娠してからの生理予定日をはさんだ前後2週間ほどから体内のホルモンバランスが大きく変化して不安定になります。
この変化が味覚や嗅覚が鋭くなる原因ではないかと考えられています。
こうした変化は、安定期に入る頃になると落ち着くため、妊娠12~16週ぐらいの妊娠中期になると症状が落ち着くことがほとんどのようです。

妊娠中は脱水症状に注意

脱水症状
つわりの時期は、味覚や嗅覚が敏感になっているため、水道水のカルキの匂いなどによって飲めなかったり、今まで普通に飲めていた物も美味しく感じられなくなって飲めなくなることがあります。

けれども、水がまずいと感じるからといって水分が摂れない状態を続けるのはよくありません。
はきつわりの場合、嘔吐によっても水分が失われてしまうので、脱水症状に陥りやすい状態になります。
一般的に、妊婦さんには、たっぷりの水分補給が必要といわれています。
1日におよそ1.5~2リットルの水分を食べ物や飲み物から摂取することが勧められています。

脱水症状は段階的に進行していきます。
初期段階では、口の中が渇いたように感じ、めまいや身体がふらつくようになります。
中度になると、頭痛や吐き気が酷くなります。
これらの症状はつわりでもよく見られる症状なので見逃されることがよくあります。
口の中がねばつくような強い渇きを感じ、唾液や尿の量が減ります。
重度になると、意識障害や痙攣を引きおこすようになります。
重度になるまえに無理にでも水分は補給するようにしましょう。

飲み物が美味しくない時は

味覚が変化することで、お茶や水があまり美味しく感じられないので、どんな味の飲み物だったら美味しく感じるか、飲める物がよくわからない状態になっているかもしれません。

妊娠してからも飲めていた物が2、3日で飲めなくなってしまったという話もよくあります。
妊娠中はこれしか飲まないと考えずにいろんな飲み物を試して、その時に飲める物を手当たり次第に探してみるしかないようです。

つわり
つわりがひどい人は、食べ物を食べるのがつらいどころではなく、水を飲むのもつらい。 つわり中は胃もたれのような状況になりやすく、どんなにたくさん水を飲んでもすっきりしない。

飲み物がどうしてもダメだという場合は、食べ物から水分を摂ることも考えてみてはどうでしょうか。
トマトは比較的つわりの時期でも食べられる野菜の一つです。
他にもオレンジ、グレープフルーツ、レモンなどの柑橘系のフルーツも気持ち悪い時にサッパリするためによく食べられている食べ物です。
こういった食べ物からも水分を補給することはできます。
また、ウォーターサーバーの水などカルキの匂いのしない水を探してみるのも良いかもしれません。

赤ちゃんにはきれいな水が必要

赤ちゃんは、お腹にいるあいだはお水を飲んで成長しています。
お水といっても羊水のことですが、妊娠初期はお母さんの血液からできた羊水の中で育ち、中期~後期にかけては、その羊水を飲んでおしっこを出し、肺や腎臓な どの臓器を形成していきます。
赤ちゃんの体を作っていくために必要不可欠な羊水。
わずか10か月の間ですが、この10か月で一生の体が作られるのです。
羊水はもともとお母さんの血液からできています。
お母さんの飲む水が、そのまま赤ちゃんの健康に影響を及ぼす可能性があるのです。

赤ちゃんのために水の見直しを

水
赤ちゃんをきっかけに、水に対して関心を持つママも少なくありません。
ママになって、水に対する関心が高まった結果、浄水器やウォーターサーバーを設置して、飲む人が多いですね。
また、赤ちゃんのことを考えて、赤ちゃんに良質の水を飲ませたいという人もいます。
赤ちゃんは、免疫力がとても弱いので、衛生的な水を使うのが理想的だといわれています。
特に、ウォーターサーバーは、冷水や温水が、使いたいときに、いつでもすぐに利用出来ます。
ですから、妊娠の時はスープやインスタントの味噌汁の作成に
赤ちゃんが生まれてからでは、ミルクを作るのにも大変重宝されています。
家族や赤ちゃんにとって、水は、健康に育つ為には、欠かせない大切かつ重要なものです。
大切な存在だからこそ、安心して、美味しい水を飲ませてあげたい。
そういった水への関心が高いママにこそ、ウォーターサーバーをお勧めします。

 - つわり中の飲み物