妊婦さんと赤ちゃんとつわり

妊婦さんのつわり対策

*

妊娠してつわりの頭痛がひどくて仕事が辛い

      2017/07/08

頭を押さえる

妊娠してつわり中でも仕事をしているお母さんは多いと思います。
しかし、仕事をしている時にやってくる頭痛がひどくて悩まされている人も多いのではないでしょうか。

スポンサードリンク

つわり中に起こる頭痛の原因

偏頭痛は女性ホルモンの影響を受けると言われています。
女性ホルモンの一つのエストロゲンの分泌が減ることによって、セロトニンの分泌量も減少します。
そうすると血管は拡張し、偏頭痛が起こるのです。
妊娠中は減ると言われている偏頭痛ですが、つわりも人それぞれ全く症状や程度が違うように、偏頭痛も個人差によるところが大きいです。
妊娠したら偏頭痛を起したという人もいます。
偏頭痛は「ズキンズキン」と脈打つように頭の左右どちらか片側に起こる頭痛です。

音刺激や光刺激を遠ざける

音や光が原因で偏頭痛を引き起こすこともあれば、偏頭痛によって音や光で痛みを感じるということがあります。
偏頭痛の対処法として「暗くて静かな部屋で横になる」というものがあります。
偏頭痛の時は音や光に過敏になってしまい、その刺激が頭痛を引き起こしているからです。
デスクワークなどパソコンをよく使う場合は、パソコンの光の刺激が強すぎるために頭痛がひどくなっているかもしれません。
適度にパソコンから離れ、目を休めるようにした方がよいかもしれません。

誘発する食べ物を避ける

頭痛の誘発要因にもなる乳製品(特にチーズ)やチョコレートは避けたほうが良いでしょう。
チーズに含まれている「チラミン」は、体に蓄積されると血圧を上昇させ、頭痛や吐き気を誘発する原因になりやすいそうです。
パスタやピザなどと一緒に食べることが多いチーズですが、頭痛が心配という方はチーズの摂取量を控えてみてはどうでしょうか。
偏頭痛は血管が拡張することで起こりますが、チョコレートなどは血管を拡張させる作用があるために偏頭痛を誘発すると言われています。

患部を冷やす

偏頭痛は血管が広がってしまって神経を圧迫することによって起こります。
そのため、痛みのある部分を冷やすことで血管を収縮させ痛みを和らげることができます。
肩こりなどから起こる緊張性頭痛の場合は痛みを抑えるために温めることが良いとされていますが、それは筋肉が緊張している部分を温めて血行を良くすることが目的です。
偏頭痛による頭の痛みを緩和するには「患部を冷やす」ことが大切です。
冷えぴたなどの冷却ジェル剤を使うのがベストですが、冷たい缶ジュースやペットボトルを当てるだけでも違ってくるでしょう。

水分を摂取する

水分が不足することでも頭痛は起こりえます。
水分が不足していると、血液がどろどろになり、血流が悪くなります。
血流が悪くなると、脳に流れる血液の循環が悪くなり、頭痛の原因になってしまいます。
脱水症状になると頭痛や吐き気、嘔吐などの症状がでます。
これらはつわりの症状とも似ていますし、つわり中の嘔吐などによっても水分が失われがちになります。

 - 妊娠中の体のトラブル