妊婦さんと赤ちゃんとつわり

妊婦さんのつわり対策

*

職場・両親・友人の妊娠報告のタイミング

   

妊娠したら、家族や職場への報告が必要になってきます。
ただ、妊娠初期は母体も赤ちゃんもデリケートな時期です。
一般的には安定期に入ってからの報告がベストと言われています。
職場、同僚、家族、友人への報告で一般的にはどのタイミングが多いのでしょうか。

スポンサードリンク

パートナーへの報告

大体真っ先に報告するのはパートナーでしょう。
やはり妊娠した時の喜びをすぐにパートナーに報告したくなります。
パートナーへの報告は妊娠検査薬で陽性反応が出た段階で報告するのが一番多いようです。
この際パートナーが喜びのあまりに家族に報告してしまうことも多いです。
もう少し様子を見てから報告したい場合は、その事をしっかり伝えたほうが良いでしょう。

職場上司の報告

職場の上司の報告は働いている妊婦さんの場合は優先度が高い傾向にあります。
つわりが酷い日が続いた場合は、すぐに報告する人が多いです。
それほどつわりが気にならずに業務に支障がない場合は、心拍が確認できた6週~8週のあたりに報告しているようです。
直属の上司は体調によって休みがちになることを知っておいてもらうだけでも安心できます。
また、産休に入るときにも仕事の調整や引き継ぎの準備、代わりの人員を手配をしなければならないので、早めに報告しておくとスムーズに休みに移れるでしょう。
上司の場合、直接伝えるのがマナーですが、伝える相手が多忙で中々時間が取れない時は、先にメールでの報告でも良いかもしれません。
その場合は出産予定日と退職するしないは伝えておいたほうが良いでしょう。
後日、詳細に報告する場を設けられた場合は、産休・育児休暇をいつ頃取りたいか、復帰はいつ頃を考えているかなどの希望を伝えておくと良いでしょう。

職場・同僚への報告

妊娠報告は必要最低限の人にだけ報告したいところですが、仕事内容によっては上司だけでなく同僚も報告した方が良いでしょう。
チームで仕事している場合はチームメンバーに、一緒に実務をこなしている同僚には伝えておいたほうが良いです。
急に起こりうる切迫流産など入院が必要で会社を休む場合は、こういった報告を事前にしておくと無用なトラブルを起こさずに済みます。
出産経験のある同僚や先輩お母さんがいる場合は相談してみるのも良いかもしれません。

両親への報告

両親の報告は、人によってマチマチでした。
仕事の上司や同僚には、仕事上の迷惑がかかるために皆大体の報告するタイミングがはっきりとしていましたが、両親への報告のタイミングは明確に無いようです。
すぐに報告してつわりなど妊娠の不安を聞いてもらったりサポートしてもらうという人もいますし、騒がれるとストレスにもなって赤ちゃんにも良くないと考え、安定期に入ってから報告するという人もいました。
ただ、家族となると旦那さんがつい口を滑らすこともあるので、思ったよりも早くに報告することになることも多いようです。

友人への報告

よく会う友人には、安定期に入ってから報告している人が多いようです。
妊娠出産の経験のある友人にはもっと早めの報告をしてアドバイスを貰うのも良いかもしれません。
その場合は、友人から友人へと話が口コミで伝わっていくことは覚えておいたほうが良いでしょう。

 - 妊娠