妊婦さんと赤ちゃんとつわり

妊婦さんのつわり対策

*

生理前・妊娠初期に感じる胸の張りの痛みを和らげるには

      2017/05/12

高温期になると胸が張る感じがする。
高温期が何日か経過すると胸に違和感を感じ、触ってみると胸が張って痛い。
生理が来るまで、胸の張りやバストトップが敏感になると感じる人も多いです。

生理中の胸の張りとの違い

胸の張りは月経前症候群の症状と似ているので紛らわしいですが、大体の人は生理前よりも妊娠した時のほうが張りを強く感じています。
生理前の胸の張りは早ければ排卵直後、生理開始のおよそ2週間前から現れます。
その状態が生理開始予定日を数日~1週間過ぎても続いている場合や、より強く張りを感じている場合は妊娠初期症状かもしれません。
ただし、胸の張りだけで妊娠かはわからないので、出血などの症状などもあわせて確認してみた方が良いでしょう。

胸の張りはいつまで続くの

胸の張りが月経前症候群だった場合は、長くて生理が来るまで続きます。
生理後まで続くことはほとんどありません。
月経前症候群という名前の通りに月経開始とともにほとんどの症状がなくなります。

妊娠していた場合は、胸の張りは生理予定日を過ぎても継続します。
妊娠初期症状の胸の張りや痛みがなくなる時期には個人差がありますが、つわりが軽くなった時期と同時期に胸の痛みが気にならなくなったと感じる人が多いようです。
ですが、妊娠後期から出産に向けて胸は大きくなり、張りを感じることが多くなります。

胸の張りの痛みを和らげるには

刺激の少ない下着を選ぶ

衣服の擦れなどで痛みがひどい場合には、家にいる時だけでもブラジャーの着用を控えるなどしてみることで、痛みを抑えられます。
どうしてもブラジャーをできないほど張りや痛みがある場合は、ブラトップと呼ばれるブラジャーとキャミソールが一体化されたものを着用してみるのも効果的です。

産後に備えてマタニティ用のブラジャーを選ぶ

妊娠してから産後までの間は、赤ちゃんのために女性の身体は変化していきます。
目立って変化するのはバストとウエストです。
個人差はありますが、妊娠前に比べればサイズアップしていきます。

妊娠初期の症状で胸が張って痛いと言う時は、マタニティブラジャーに変える良い機会かもしれません。
胸は、産後の授乳に備えて乳腺が少しずつ発達していきます。
ワイヤーの入ったものは、締め付けがキツメの物が多いので乳腺を傷つける可能性があるので避けたほうが良いでしょう。
産後に赤ちゃんに母乳をあげる時に、中々出なかったり、乳腺炎となって授乳が苦痛になってしまうかもしれません。
産前産後両方使える授乳用ブラもチェックしてみると良いでしょう。

マタニティウェア
妊娠したら用意しておくものとしてマタニティウェアがあります。 お腹が大きくなった時でも不自由しないように着られる普段着です。 ですが、多くの妊婦さんの間ではマタニティウェアの優

胸を冷やす

胸の張りを抑えるために冷やすことは効果的です。
少しずつゆっくりと冷やすのが痛みを和らげるコツです。
急激に冷やすと母乳が出にくくなったり、高温期の時は子宮への影響が出てしまうかもしれません。
冷たい湿布を貼るのも良いですし、
保冷剤などをタオルでくるんで冷えすぎないように調節すると良いでしょう。

 - 妊娠中の体のトラブル