妊婦さんと赤ちゃんとつわり

妊婦さんのつわり対策

*

夏の果物の王様は、むくみとりの王様でもあった

      2017/07/08

夏

便秘についでむくみは妊娠中に悩まされる体のトラブルの1つです。
デスクワークや立ち仕事をしている妊婦さんは、座りっぱなしや同じ姿勢が長時間続くことで、足がむくんでしまうことが多いです。
また、お腹が大きくなる妊娠後期からむくみがなかった人も、顔や手のむくみが気になるようになってしまいます。

そんな困ったむくみに効果的で美味しい果物があります。
最近、足のむくみや疲れがすごい、と悩んでいるのなら、この機会に食べてみてはどうでしょう。

スイカは夏の果物の王様

むくみに効果がある果物は、夏の風物詩でもあるスイカです。
スイカは夏の果物の王様と呼ばれるほど、夏に食べるには最適な果物です。

夏によく起こる夏バテや、熱中症、むくみなどの防止にスイカに含まれる水分とミネラルがとても合うからです。

水分を摂りすぎたらむくんでしまうんじゃないの?と思われる人もいるかもしれません。
むくみは水分を摂り過ぎによって起こるとか、水を飲みすぎるから夏にむくみが多いとよく聞きますよね。
ただ、実際のところ水を飲みすぎただけではむくむことはありません。
水を摂り過ぎても多い分は腎臓が働いて尿として体外へ排出してくれるからです。

むくみの原因は、この水分代謝が良くないために起こります。
スイカにはカリウムが豊富で、利尿作用があり、しっかりと体外に出してくれるようになります。
むくみを解消するには、水分を摂らないようにするのではなく、しっかりとオシッコをして体に余計な水分が溜まらないようにすることが大事なのです。

でも、妊娠中にスイカは食べても大丈夫?

スイカ

妊娠中は、食べ物に神経を使いますよね。
妊娠中の体が急変するようなきっかけにならないか。
お腹の子に、何か影響がでないか。

妊娠中に食べてはいけないと言われているものもあるので、いろいろ調べている人も多いのではないでしょうか。

夏の野菜や果物は身体を冷やすというけれど

妊娠中に食べてはいけないとよく言われている食べ物で、夏の野菜や果物がよく挙げられます。

確かにスイカは、水分とカリウムによって内臓を冷やす効果があります。
スイカを食べすぎると、お腹が冷えすぎて腹痛になってしまったり、下痢になってしまうことがあります。

けれども、熱中症やむくみをとるためには、水分とカリウムは必要な栄養素でもあります。
食べ物を選ぶ時は「温めるか冷やすか」だけを着目するものではありません。
スイカは塩分を排出してくれるカリウムが豊富だったり、南国のフルーツやトマトは抗酸化作用が高い食べ物でもあります。
温めるか冷やすかは、あくまでも食品選びの「ひとつの基準」として考えて、いろいろな野菜をバランスよく食べたいものですね。

体を冷やしてしまうことがきになるようであれば、スイカを食べすぎた時は生姜をあわせて食べると良いでしょう。

くつろぐ
つわりに生姜が良いというのは良く聞きますね。 生姜には吐き気を抑える作用があり、漢方薬でも生薬として使われています。 海外でもクラッカーとジンジャエールはつわりの定番アイテムと

果糖を摂りすぎると体重が増える?

体重計にのり困っている女性
スイカには果糖も多く含まれています。
果糖というと摂りすぎると体重が増えて肥満の原因にもなるので、糖質ダイエットなどでは果糖の多い果物は避けられています。

ただ、これも良し悪しがあって、スイカなどに含まれる果糖やブドウ糖は、他の糖質に比べエネルギーに変わるのが速いので、夏バテなど夏の暑さで疲れた身体を癒すにはスイカを食べた方が即効性があります。

甘みのあるスイカはカロリーが高いんじゃないの? と思いがちですが、100gあたり37kcal程度です。
よくみる一切れサイズのスイカは、大体200gぐらいになります。
このカロリー量はリンゴよりも少ない量です。(リンゴは100gあたり54kcal)

むくみをとりたいからと言って、さすがに一玉まるまる食べるとカロリーも1000kcalを越えてしまうので食べ過ぎになってしまいますが、毎日数切れ程度ならば、むくみ対策の恩恵を受けられて、太るほどでもない程よい摂取量ではないでしょうか。

朝食や間食に

食事
食べ方にも少し気をつけると更に良いでしょう。
「朝の果物は金」と言われるように、朝に果物を食べると、果糖がすばやくエネルギー源として利用される1日の活力につながります。

昼食から夕食の間が長くなると夕食を食べ過ぎてしまうため、日中の空腹対策として果物を利用するのも良いでしょう。

反対に夜に果物を食べると太りやすくなるので、なるべく避けたほうが良い時間帯です。

果物を食べるなら、朝食や間食など日中に食べるのが、体重が気になる妊娠期間中にはオススメの食べ方です。

和菓子
妊娠初期のつわりの症状がひどかったり、体調が良くなくてあまり食べられなかったりすると、体調が落ち着いた時につい食欲が湧いて食べすぎてしまいます。 けれども妊娠期間中は

 - 妊娠中の食事