妊婦さんと赤ちゃんとつわり

妊婦さんのつわり対策

*

妊娠中にしておきたい骨盤ケア

      2016/06/06

足の付根部分が妊娠してから違和感を感じることがあります。
股関節や恥骨がとくに痛く、太もも上部が突っ張るような感じがする。
足の付根や股の部分に違和感を覚えたり痛みがおさまらないことがあります。
足の付根や股の部分に違和感や痛みを感じるのは、骨盤のゆがみや恥骨の周囲の軟骨や靭帯が引っ張られることによって起こります。
妊娠の進行に伴い骨盤がゆがんでしまい恥骨に無理がかかるため、足の付け根や股の部分が痛いように感じるのです。

スポンサードリンク

痛くなる前に妊娠初期から必要な骨盤ケア

妊娠中は骨盤が緩くなってしまいます。
赤ちゃんの出産に向けて徐々に体が変化するためです。
骨盤がゆがんで痛みを感じる前に骨盤を矯正することによって妊娠期の腰痛を防ぎ、産後の骨盤関節の緩みの回復を促進させることができます。
骨盤を矯正するには骨盤ベルトを使います。

骨盤ベルトって

骨盤ベルトは腰に巻いて骨盤を固定するベルトです。
下着の上から腰を支えるように巻くものや、太ももの上部から腰にかけて巻くものがあります。
骨盤ベルトは骨盤を支え、腰痛の予防や骨盤の安定させるので骨盤がゆがむことで起こる腰痛や肩こり、頭痛を予防する効果があり、またすでに痛みを感じている場合は痛みを和らげる効果もあります。

骨盤ベルト、トコちゃんベルト

一般的に、骨盤ベルトと言えば「トコちゃんベルト」というくらい知名度のある商品です。
トコちゃんベルトは1と2と2種類のベルトがあり、自分の症状によって使い分ける必要があります。
足の付根に違和感があったり股の部分が痛いようであればトコちゃんベルト1の方を選ぶと良いでしょう。
股の部分に特に痛みを感じない場合で腰痛などに悩まされているのならばトコちゃんベルト2の方を選ぶと良いでしょう。

正しい装着方で

骨盤ベルトをつける時は、お尻の下に座布団やクッションを敷いて膝を立てて仰向けに寝た姿勢で行います。
床から15~20cmほどの高さを保つようにします。
立ったままでつけると子宮や内蔵が下がってしまい骨盤は開いた状態になってしまいます。
子宮頚管も短くなりがちでお腹が張りやすくなってしまいます。
ベルトをつける時はお尻を少し高くして寝た状態にすることで子宮が下がらずに骨盤も開かず、子宮頚管が短くなり過ぎないので骨盤ケアが効果的に行えるようになります。
骨盤ベルトをつける時は正しい装着法でするようにしましょう。

 - 出産にむけて