妊婦さんと赤ちゃんとつわり

妊婦さんのつわり対策

*

妊娠時のバストサイズやお腹が大きくなることで肩こりに

      2016/06/06

妊娠するとお腹が大きくなって姿勢が悪くなったり、胸が大きくなったりすることで肩こりに悩まされることがあります。
肩こりはひどくなると頭痛まで引き起こしてしまいます。
妊娠中期に肩こりに悩まされる妊婦さんは多いといわれます。
お腹が大きくなって重心の位置が変化することによって首・肩・背中付近の負担が大きくなるからです。
身体を動かさなくなって血行不良になりやすくなるので、妊娠中は肩こりになりやすい状況になります。

なぜ妊娠すると肩こりになるの?

姿勢の変化によるもの

胎児が成長するとバストサイズやお腹は大きくなります。
ママの身体は猫背になったり、腰を沿ったりと姿勢が悪化しやすく、これが肩凝りにつながるケースが多いようです。
妊娠後期になるとお腹が目立つようになり、睡眠中の姿勢にも影響が出るようになるので、肩こりが悪化しやすくなります。

妊娠中は妊娠を継続するために様々なホルモンが体内に分泌されます。
妊娠前と比べると著しいホルモンバランスの変化が起こります。
妊娠中に分泌されるホルモンにリラキシンがあります。
リラキシンは出産に備えて骨盤を締めるパーツであるじん帯を緩める働きがあります。
赤ちゃんを出産するためには必要な働きなのですが、ママにとっては骨盤がグラグラになってしまい、ゆがんでしまったりと大変です。
体の重心が変化してしまい、姿勢にも影響が出てきます。

血行が悪くなった結果によるもの

元々冷え体質で血行が滞りやすい方もいるのですが、そうでない方でも妊娠初期は血行が滞りやすいものです。
妊娠週数を重ねるほどますます血行が悪くなりやすくなるので、肩こりの症状も悪化しやすい傾向にあります。
妊娠中の血行不良の原因は、下半身を中心に体が冷えやすいこと以外にも、妊娠中の体調不良で運動を行いにくいことも挙げられます。
血行不良が気になる方ほど、無理のない範囲で適度な運度を心掛けることが大切です。

肩こりの対策は?

肩をあたためマッサージする。

シャワーの水圧を使用したマッサージなどはお勧めです。
シャワーの温度は40℃前後くらいに設定して、首や肩などのこりやすい部分を中心に当てます。
体への負担に応じて水圧も自身で調整できるので、湯船に浸かるよりも体への負担が少なく肩こり対策が可能です。
シャワーでなくとも入浴は血行を改善するのに効果的です。
ホットタオルなどで温めることも血行促進に繋がります。
お風呂に毎日入る方でも肩まで浸からずに出てしまう方も多いので、肩を温めるということを忘れないようにしましょう。

姿勢を正しい姿勢に矯正する

お腹が大きくなるとどうしても骨盤が歪んで姿勢が悪くなってしまいます。
その歪みが肩こりを発症させてしまうことがあるので、骨盤ベルトを使って歪みを調整したり、正しい姿勢をとれるように常日頃意識したりして正しい姿勢に矯正しましょう。

軽めの運動をする。

軽く運動をすることでも血行改善につながります。
もし動くことが出来ればウォーキングや軽いストレッチも効果があります。
運動不足から血行不良が起き肩こりへと発症することがあります。
マタニティヨガなどは妊婦さんのことを考えられているヨガなので始めてみてはどうでしょう。
今は産婦人科などでも開催されていることがあるのでチェックしてみると良いでしょう。

 - 妊娠中の体のトラブル