妊婦さんと赤ちゃんとつわり

妊婦さんのつわり対策

*

つわりは吐いたら楽になる?つわりで吐き癖ってつくの?

      2017/07/21

吐き気

つわりだから気持ち悪くなるのは仕方がない。
みんな吐いて乗り越えているんだと思っていても、吐くのが怖いと思ったことはないですか?

これまでに吐くという経験が無い、もしくは少ないことから吐くことへの恐怖心を持っている人も少なくありません。
一度吐いてしまうと、これからもずっと吐き続けてしまう、そして今よりも更に酷くなってしまうのではないか。
吐くことに慣れてしまったら、吐き癖が付いてしまって、またすぐに吐いてしまうようにならないか。
吐き癖がついてしまったら、つわりが終わっても、出産後もずっと吐き続けたりしないか。

このような不安が恐怖になって感じてしまうのです。
実際に、つわりの最中に食べて気持ち悪くなり吐いたら、また食べた時に気持ち悪くなって吐いてしまうという繰り返しになってしまうことは多いです。

では、本当につわりで吐き癖がついてしまうのでしょうか。

スポンサードリンク

吐き癖が付いたら出産後も吐きつづける?

つわり
つわりが出産まで続いたために、出産直前まで吐いていたという話はありますが、出産してからも吐いているという例はあまりないのではないでしょうか。
出産まで続いてよく吐いていた人でも、出産後は気持ち悪くなることもなく、吐く機会は無くなっています。

吐き癖の原因になるのは、ストレスであることが多いです。
こんなことを言うと、「つわりはストレス以外のなにものでもない!!」という声が聞こえそうですが。

確かにつわりの気持ち悪さはストレスです。
ですが、この時期は、妊娠前の普通の状態から出産にむけて身体の準備をしているために、大きな変化が起こっています。
気持ち悪さは、この大きな変化によるところが大きいのです。

実際に、つわりが落ち着く安定期を過ぎた妊婦さんは、涼しい顔をして妊娠生活を送っています。
つわりの最中に食べて吐いてを繰り返している人は多いですが、安定期を過ぎれば、最悪でも出産が終われば気持ち悪くて吐き続けている人はいないのです。

胎児
つわりも治まり、流産の可能性も少なくなる安定期は、妊婦にとって最も心身ともにリラックスできる時期ではないでしょうか。 友人への妊娠報告も安定期になってからしようと考えている人も多

なので、つわりで苦しくなったら、怖がらずに吐いてみると良いでしょう。

吐いたら楽になる

ほとんどの人は、できれば吐きたくないと思っています。

我慢しているといつまでもムカムカして、気持ち悪い時間が長く続いてしまいます。
そして我慢していても、結局最後には吐いてしまう事が多いです。
それならば、我慢しないで吐いた方がスッキリして良いですよね。

ただ、吐く時は体力も消耗してしまいますし、吐く程でもないのに無理に吐こうとするのは身体にも負担をかけてしまいます。
自然に吐き気がこみ上げてきた時に、我慢せずに吐いてしまった方が良いです。

けれども、毎回そう都合よくスッキリと吐けない時もありますよね。

なかなか吐けない時は

日常生活の中に吐くというシチュエーションはあまり無いと思います。
妊娠してつわりになっても、吐くのが怖かったり、苦手な人は多いと思います。

ものすごく気持ち悪くて、口を開けたらすぐに吐けるという状況なら、それ程難しくないですが、そんなにわかりやすい時ばかりでもありません。
胃の調子が悪いかな、気持ち悪いなと思うときでも、えずくだけでスッキリと吐けそうにない時も多々あります。

吐き気があっても吐くことが出来ない場合は、ゲップを出すようにすると症状が治まることもあります。
なかなか吐けなくて、吐き気を我慢してしまうような時は、炭酸飲料などを利用して思い切ってゲップをすると、楽になります。

つわり
妊娠初期の症状によくあるつわりで最も多いのは吐きつわりです。 ですが普段吐いた事のない人も多く、吐き方がわからないという人は多いのではないでしょうか。 つわりで気持ち悪

つわりの最中は、吐くことも仕方ないと諦めたほうが楽です。
その分、つわりが終わって楽になってから食事や生活を元に戻せば良いだけのことです。

けれども楽になりたいからといって、無理に吐き続けるのは止めましょう。

無理に吐くと

のどの炎症
つわりで気持ち悪いときに、吐くとスッキリして楽になります。
けれども、吐くと楽になるからといって、無理に吐いていると吐くものが胃に残っていないのに嘔吐することになります。
胃の中に吐くものが残っていないと、胃液や胆汁などを嘔吐してしまいます。
胃液や胆汁は黄色い苦い物として吐き出されます。
吐いた時に苦いものを感じたら、それは吐きすぎかもしれません。

胃液を頻繁に吐いていると、のどや食道などの粘膜を弱めてしまったり、炎症を起こす原因になってしまいます。
のどが痛い、焼けているような感じになると胃までも荒れてしまいます。

回数が頻繁でなければ、それほど問題ではないですが、のどが炎症して食事をしても飲み込むのが痛くて辛い場合は、以下の記事を参考にしてください。
吐いた後にどうすれのどの炎症がしにくくなるか、のどが痛い時に何を食べれば良いかを紹介しています。

つわり
つわりにはいろいろなタイプがありますが、吐きつわりや食べつわりなど気持ち悪くなって吐き気を伴うつわりは多いです。 吐き気を我慢してしまうよりも、身体がつらい時は吐いてしま

頻繁に吐いてしまう時に、注意しておきたいのはのどの炎症だけではありません。
もっと怖いのは脱水症状です。

つわりの時期は脱水症状になりやすい

熱中症

つわりが酷くなると脱水症状になりやすくなってしまいます。
妊娠初期は、匂いや味に敏感になる時期です。
この時期は、今まで食べられたもの・飲めたものが、全く受け付けられなくなってしまいます。

水やお茶なども例外ではありません。
つわりの時期に、お茶が飲めなくなった、水が飲めない妊婦さんは少なくないのです。

想像してみてください。
水やお茶が飲めない日が続いて、つわりの症状が酷く吐いてばかりいたらどうなるでしょうか。
身体の水分がなくなってしまいますよね。

つわりが酷くて吐き続けていると身体からどんどん水分が失われて、最悪の場合、脱水症状で倒れて入院してしまう事態になりかねません。
つわりで入院する場合、その多くは脱水または飢餓の症状が見られるそうです。

つわりで入院したいと考えたことは、誰でもあると思いますが、やっぱり入院レベルは相当大変なことなんですね。

症状がひどくならないうちに、水分はこまめに摂取することを心がけましょう。

そんなこと言われても、水を飲んでも気持ち悪くなってしまい、それすらも戻してしまう、という人は、水にこだわらずにいろいろな飲み物を試していくほかありません。
つわりの時期は食べられるもの、飲めるものを、できる範囲で摂取することが大切です。

つわり
つわりがひどい人は、食べ物を食べるのがつらいどころではなく、水を飲むのもつらい。 つわり中は胃もたれのような状況になりやすく、どんなにたくさん水を飲んでもすっきりしない。

脱水症状の他にも、つわりの激しい嘔吐の症状の影に隠れている病気があります。

つわりと間違えやすい病気

つわりの激しい吐き気や嘔吐、下痢は、実はつわりとは別の原因でそれらの症状が引き起こされていることがあります。

その病気は、逆流性食道炎と胃腸炎です。

逆流性食道炎

まず、逆流性食道炎です。
無理に吐くと、のどが炎症してしまい痛みを伴うようになってしまうとお話しました。
逆流性食道炎は、それとほとんど同じで、のどではなく食道が炎症してしまうことで起こります。
つわりの時期は、逆流性食道炎になりやすい条件がそろっているので注意が必要です。
また、妊娠初期だけでなく、お腹が大きくなってくる妊娠後期でもなりやすいのが厄介なところです。
詳しくは以下の記事を参考にしてください。

つわり
妊娠すると胃が気持ち悪くなり吐いてしまうつわりはよく知られていますが、つわりと良く似た症状の逆流性食道炎があります。 逆流性食道炎は妊娠中にはなりやすい条件が揃っているため、つわ

胃腸炎

逆流性食道炎につづいて、つわりと間違えやすい症状として胃腸炎が挙げられます。
胃腸炎はお腹の風邪とも呼ばれる、ウィルス性の感染症です。

胃腸炎は急な激しい吐き気や嘔吐、下痢などが主な症状です。
つわりで吐きすぎるために身体の水分が失いやすく、脱水症状になりやすいと説明しましたが、胃腸炎もより一層症状を悪化させます。

嘔吐や下痢の症状がひどく、水を飲んでも気持ち悪くて吐いてしまう事が続いてしまうのであれば、病院に行き相談した方が良いでしょう。

胃炎
つわり中はお腹が空いた空腹の時や匂いによって吐き気を感じる人が多いです。 時には短時間に大量に吐いてしまい、吐きすぎてお腹が痛くなるということもあります。 つわりだから

つらいつわりの時期を乗り越えるには

つわりの時期は、気分が悪い日が続きますが、常に気持ち悪い日が続くわけではありません。
つわりは時間帯や日によって症状が軽かったり、重かったりして体調が毎日違うことが多いです。
朝方は調子が良いけれども、夕方になると決まって具合が悪くなるなど。
自分のつわりがいつ気持ち悪くなるときが多いのか。
どんな時に気持ち悪くなることが多いのかを把握して、それに合わせて対策をとることが、つらいつわりの時期を乗り越えるには大事なことです。

夕日
妊娠初期になると多くの人が経験するつわり。 つわりの症状には、吐き気などで気持ち悪くなってしまうことが多く、酷い時は何も出来ずに寝たきりになってしまうこともありますよね。
読書
妊娠初期にやってくる「つわり」。 出産よりもつわりの方がつらいと感じると言われることもあります。 つわりの最中は、気持ち悪くなり何もできなくなります。 こんな辛いつわりを

気分が悪くなるタイミングが分かったら、吐き気を抑える方法をいくつか試してみると良いでしょう。

つわりの吐き気を抑えるには

今つわりで苦しんでいる妊婦さんも、これまでにつわりで苦しんだ先輩妊婦さん達もいろいろな方法を試しています。

つわりの症状が人それぞれなように、つわりの症状を軽くする方法も人によって違ってきます。
どれが自分にとって効果的なのかは、いろいろと試して見つけていくしかありません。
以下の記事では、つわりの症状を軽くするための代表的な方法を紹介しています。
つわりの吐き気がひどいとお悩みの人は、参考にしてみてください。

つわり
妊娠週5週ぐらいからつわりで気分が悪くなったり、体調が急に悪くなる時が増えます。 つわりの中でも特につらい症状の「吐きつわり」。 妊娠前までは普通に食べられたり、飲めたものでも

【PR】 葉酸は足りていますか?

つわりで辛い妊娠初期は、赤ちゃんの体が作られる大事な時期でもあります。
赤ちゃんの頭や臓器などが形作られる大切な時期です。

よく妊娠中は葉酸が大事と言われます。
それは、葉酸が不足すると赤ちゃんの神経系の障害の発症率が高まることが、近年の多くの研究から明らかにされてきたからです。
厚生労働省のガイドラインや母子手帳にも、妊婦に対して葉酸は積極的に摂取するように書かれています。

健康な赤ちゃんを産むためにも、サプリなどを利用して葉酸はしっかりと摂取しておきましょう。

>>健康な赤ちゃんを産むためにベリタ葉酸サプリ

 - つわり