妊婦さんと赤ちゃんとつわり

妊婦さんのつわり対策

*

排卵日を確実に特定する方法はありますか

      2017/05/17

タイミング妊娠をする時は、基礎体温を計り続けて排卵検査薬を使って排卵日を予測します。
でも実際にやってみて、これ本当に正確なのかな?
タイミングは大丈夫なのかな?
と疑問に思うことがあります。

排卵日を確実に特定する方法はないものか。
基礎体温や排卵検査薬子宮頚管粘液法をしても確実に「この日」と断言出来ません。

いずれも体温・ホルモンの量・ホルモンによって変化が生じるオリモノを介して排卵日を予測するものです。
おおよその検討をつけることが出来ますが、確実に排卵しているかまではわからないので断定は難しいです。

より確実な方法として、排卵を確認するのに病院で超音波を使って卵巣チェックをする方法があります。
卵巣チェックでは、卵胞が成熟していく過程を追っていき、卵胞の大きさから医師が排卵日を予測するのです。
「明日ぐらいに排卵するかなぁ」という判断を医師がして時、排卵日の翌日ぐらいにまた卵巣チェックして、「排卵した」と判断されて初めて確定されます。

この判断は継続して卵巣チェックをして卵胞の成熟過程を診ている場合でないと正確性に欠けます。
排卵した直後の卵巣だけを診ても排卵日を特定できる医師はいないでしょう。
また、医師の熟練度によっても特定した排卵日がズレている事もあるので、他の手段に比べたら正確ですが、確実ではないということも覚えておくと良いでしょう。

スポンサードリンク

基礎体温と排卵検査薬だけでタイミングを取る

基礎体温と排卵検査薬だけで特定したいという場合は、地道に自分の周期を把握する必要になるでしょう。
基礎体温のどのあたりで、検査薬がどういった反応を示したのか。
どのあたりで排卵しそうかという目安を持つことぐらいしかできないと思います。

その目安を元にタイミングを取るとしたら例えば、
低温期から高温期に移行するまで2日ほどかかかる。
そして、その2日間で排卵検査薬で濃い反応を示すことが多い。
ということは、高温期初日前後が排卵日だと予想。

それならば、低温期が終わりそうな日にタイミングをとろう。
低温期が終わって高温期に移行する時に、いつも通り排卵検査薬で濃い反応が出た。
ここでもタイミングをとろう。
高温期になった日、念のため排卵検査薬でチェックしたら陰性になっていた。
排卵日は過ぎているけど、念のためここでもタイミングをとろう。

個人差はありますが、低温期と高温期はおよそ2週間程度の周期を持っています。
基礎体温と排卵検査薬でこれらの周期をどこまで把握できるかになります。
最初は、排卵検査薬で陰性から陽性、陽性から陰性の確認をした方が良いでしょう。
黄体ホルモンの分泌のピークがわからなければ排卵日の特定もしにくくなります。

 - 妊活