妊婦さんと赤ちゃんとつわり

妊婦さんのつわり対策

*

妊娠したら肌荒れや肌が乾燥してきた

      2016/06/06

妊娠初期には、肌荒れに悩む人も多くいます。

妊娠中は肌が敏感になったり、乾燥肌、ニキビや吹き出物、肌がくすんだり、ザラザラするなど肌荒れの悩みがつきません。
妊娠前までは肌トラブルのなかった方でも、妊娠してから肌が荒れることもあります。

肌荒れはホルモンの仕業

妊娠をすると2つの女性ホルモンが活発に分泌されます。
そのうち、妊娠初期に分泌されるのが、妊娠を維持するのに欠かせないプロゲステロンという黄体ホルモンです。
このプロゲステロンは毎月の生理の前にも分泌されていて、妊娠の準備をしてくれる重要なホルモンです。
実は、プロゲステロンは分泌されると肌の皮脂分泌量を増やす作用があります。
また、胃腸の機能を低下させるので、胃のむかつきや便秘の原因にもなるのです。
ですので、妊娠初期の肌荒れは、このプロゲステロンが理由で、ニキビができやすくなったり、便秘によって肌荒れしやすくなっているのです。
生理前のイライラや頭痛、肌荒れの原因も、このプロゲステロンにあります。

原因は肌の新陳代謝の乱れ

化粧水など美容成分が浸透しない。
シミやシワができやすくなる。
肌が硬くなり、乾燥肌、敏感肌になる。
などの多くの肌トラブルの原因は、肌の新陳代謝の乱れにあります。
新陳代謝が早くなることで、十分に準備のできていない(小さく、薄く、傷みやすい)状態の細胞が、肌の表面(角質層)にきてしまうため、肌の表面がどんどん弱くなってしまいます。
結果的に敏感肌になって肌荒れしやすくなってしまいます。

新陳代謝が遅くなることで、自然に剥がれるはずの老廃物がいつまでも剥がれずに肌の表面を覆ってしまいます。
角質層が詰まってしまい、新しい柔軟性のある肌が作られにくくなってしまいます。

妊娠するとプロゲステロンの影響で皮脂の分泌量が盛んになり、これらの代謝周期が乱れがちになります。
そのため、肌荒れに悩む妊婦さんが多いのです。

肌荒れ・乾燥はいつまで続くの?

hCGホルモンは女性ホルモンを分泌するためのきっかけになるホルモンでつわりの原因とも言われています。
妊娠初期に多量に分泌されているのですが、妊娠中期あたりに次第に分泌は緩やかになっていきます。
肌荒れや乾燥も通常はつわりが治まる妊娠中期あたりには落ち着いてきます。
ですが、妊娠中はホルモンを分泌され続けることもあり、個人差があって中には出産まで続くという方もおられます。

ひどい場合ですと、ただの肌荒れだけにとどまらず、そのままアトピー症状になることもあります。
肌荒れ対策はしっかりと行なっておいた方が無難でしょう。

肌荒れを改善するには

肌の潤いを保つ

洗顔など肌を清潔にした後は、化粧水でしっかりと水分補給し、乳液やクリームで水分が肌から蒸発しないようにしましょう。
人工的な皮脂膜を張ることで、乾燥を防げるのです。

良質な睡眠をとる

「お風呂」に入って2~3時間後に横になることがオススメです。
良質な睡眠をとるには、眠る前に体温を上げ、体温を下げやすくすることで寝つきが良くなります。
睡眠は体温が下がっていく時に誘発されます。
代謝は眠っている間に起きています。

蒸しタオルなどで血行を促進する

「血液」には、細胞がうまく働けるようにするためのエネルギーとなる”栄養分”や”酸素”を身体の隅々まで運んでくれる役目があります。
この「血液の流れ(血流)」が良くなると、エネルギーが豊富なので、肌細胞が活発に働いてくれます。
肌細胞の代謝が上がることで、ターンオーバー(細胞の生まれ変わり)が進むのです。

蒸しタオルの作り方は簡単です。
フェイスタオルを濡らし、水気が残るくらいに絞り、巻物のようにクルクルと巻きます。
ラップはかけずにお皿に乗せ、500Wの電子レンジで1分ほど温めます。
やけどに気を付けて取りだしたら、広げて顔に乗せ、そのまま2~3分待ちます。
この時、熱いなと感じた場合は、少し冷ましてから使用してください。

タバコが肌に悪いとされているのは、タバコ内のニコチン・タールが血管を収縮させ、血流を悪化させるためです。
肌細胞の働きがドンドン鈍くなっていきます。
ターンオーバーが崩れ、肌トラブルに繋がるのです。

 - 妊娠中の体のトラブル