妊婦さんと赤ちゃんとつわり

妊婦さんのつわり対策

*

どうやって生姜を摂る?飲みやすいジンジャーシロップ

      2017/05/03

つわりに生姜が良いというのは良く聞きますね。
生姜には吐き気を抑える作用があり、漢方薬でも生薬として使われています。
海外でもクラッカーとジンジャエールはつわりの定番アイテムとして親しまれています。
冷えにも良いと言われているので妊娠中には生姜を摂りたいけれども、どうやって摂ったら良いか、意外と戸惑ったりしませんか?
今回は手軽に生姜を摂る方法を紹介します。

スポンサードリンク

どうやって生姜を摂ったらいい

シロップ
豚の生姜焼きやイワシの生姜煮など生姜を使ったレシピはいくつかあります。

今回は妊娠初期におこるつわりで、何も食べられない人でも飲み物なら受け付けられることが多いので飲みやすいジンジャーシロップを紹介します。

作り方の手順は、

1.生姜をおろす

生姜を大根おろしなどでおろします。
生姜の皮はむいても、むかなくてもよいです。
生姜特有の成分は皮のすぐ下にあるので皮をむく時はなるべく薄くむいた方が良いです。
よく洗えばむかないでそのままおろしても大丈夫です。
おろす時は繊維に対して垂直に円を描くようにしておろすと綺麗にできます。

2.砂糖と一緒に煮込む

鍋に水を入れて砂糖が完全に溶けるまで沸騰させます。
水1リットルくらいに砂糖250g、生姜200gほどで、お好みで量は調節すると良いでしょう。
沸騰して砂糖が溶けていたら、火を弱めて10分ほど煮詰める。

3.濾す

10分ほど生姜エキスを抽出して、キッチンペーパー等で濾します。
生姜をおろさないでスライスして煮込んだ場合は、スライスした生姜を取り除きます。

これで出来上がりです。

甘くするために砂糖が多いので、あまり摂り過ぎないようして飲んでください。
ヨーグルトにかけたり、サイダーで割ってジンジャーエールっぽくしても楽しめます。

生姜の成分は2種類ある

生姜
生姜の良い成分は2種類あります。
シンゲロールとショウガオールというものです。
シンゲロールは強い殺菌力があるため免疫力を高める働きがあります。風邪の対策で生姜が良いと言われるのはこのためです。
ショウガオールは身体の血行を良くして身体を温める作用があります。
シンゲロールを加熱するとショウガオールに変化します。
上記の作り方手順にある工程3で生姜を入れるときに火を消しているのはシンゲロールも多少残すためです。
ショウガオールを増やしたい場合は、煮込む時間を長くすると良いでしょう。

つわりがひどくて作れない時は

つわり
台所に立てないほどつわりがひどい時は、生姜シロップが市販されているので、そちらを購入する方法があります。
市販されているものは、生姜だけでなく飲みやすいように柑橘類などの果物がブレンドされているものもあります。
手軽に生姜を摂りたいときは利用してみてはどうでしょうか。

ジンジャーシロップ

 - 妊娠中の食事