妊婦さんと赤ちゃんとつわり

妊婦さんのつわり対策

*

栄養豊富で便秘解消にも良い玄米の美味しい炊き方 

      2016/09/28

玄米は水分と一緒によく噛んで食べれば、玄米に含まれる食物繊維によって腸の運動を活発にさせて便通を促進させます。

また玄米は白米よりもつわりを軽減するビタミンB6が多く含まれています。
玄米は栄養が豊富でつわりや便秘解消に優れた食品なのです。

スポンサードリンク

玄米の炊き方に注意

玄米は白米と同じような炊き方をすると固くて美味しくないどころか、身体に必要なミネラルの吸収を阻害してしまうこともあるそうです。
また、玄米が食べづらいからといって玄米と白米を混ぜて炊いて食べようとしても、お米の固さも水分の吸収量も違うので水の分量や炊飯時間もどちらかに合わせてしまうと片方が固かったりベチャベチャになってしまいます。

美味しい玄米を食べるには、白米の炊き方は忘れて美味しい玄米の炊き方をしなければなりません。

美味しい玄米の炊き方

1.炊く前に水に浸す

玄米を普通に炊いてしまうと固くて美味しくありません。
炊く前に6~12時間ほど水に浸してから炊くと柔らかくて美味しく炊けます。
しっかりと水に浸せば、玄米炊きモードのない炊飯器でも美味しく炊けます。
玄米にはカリウムが多く含まれていて苦味が出ることがあります。
玄米1合に対して1つまみの塩を入れると、アク抜きと皮を柔らかくする作用があり、わずかな塩味も玄米を美味しくさせます。

2.炊いた後は蒸らす

白米でも炊いた後に数分間蒸らすと美味しくなります。
玄米でも同様で炊きあがってから炊飯器のフタを開けるまでを少しの間待つと、米の中まで熱が通ります。
蒸らす時間はおよそ15分ぐらいです。
1度開けて軽く混ぜてからまた閉じて蒸らすとご飯の間に空気gあ入って、固くならずふっくら蒸せます。

3.余ったら冷凍して保存

玄米が余ってしまったら、白米と同様に冷凍保存して次回食べる時に電子レンジで温めなおして食べることが出来ます。
玄米を一人分の食べる量を取り出してラップにのせます。
解凍時にムラが出来ないように、できるだけ薄く広げてラップで包みます。
ラップに包む時は炊きたて30分以内に包むと風味を保ちやすいです。

より美味しい玄米の炊き方

1.土鍋か圧力鍋を使う

玄米をふっくらに仕上げるならば、土鍋か圧力鍋で炊くことをオススメします。
圧力鍋を使う場合は、炊く前に玄米を浸水する時間も2時間程度での十分美味しく炊けます。
強火にかけて、勢い良く水蒸気が出ている間は強火のままにします。
水蒸気の量がすくなり、ゆらゆらと煙が昇り始めたら、弱火にして約5分ほど火にかけます。
最後に火を止めてから15分蒸らせば美味しい玄米の出来上がりです。

2.塩と酒を入れると仕上がりの風味も良くなる

塩を入れると苦味やアク抜けができ、料理酒を入れることでふっくらと風味が良い仕上がりになります。
分量の目安は玄米5合(750g)に対して、
水1,500ml、
酒50ml、
塩3.5gになります。

3.竹炭と一緒に炊く

竹炭を入れて炊くとふっくらしたご飯が炊けます。
炊飯に竹炭を使う場合は、1合あたり20gが目安になります。
竹炭の表面を軽く水洗いした後、5分ほど煮沸消毒して乾燥させてから炊飯器に玄米と一緒に入れます。
竹炭のミネラルも溶け出したふっくらしたご飯になります。

 - 妊娠中の食事