妊婦さんと赤ちゃんとつわり

妊婦さんのつわり対策

*

母乳不足で悩まないために 妊娠中にできること

      2017/05/23

母乳にはお母さんの免疫物質を多く含むので、赤ちゃんに飲ませると免疫力が高まります。
生まれたばかりの赤ちゃんは抵抗力も弱く、下痢や中耳炎、気道感染症など感染症や病気にかかりやすいために、産婦人科の多くでは母乳育児を推奨しているところが多いです。
統計では日本のママの90%ほどが、母乳育児を望んでいるとされています。

産後に母乳がでないケースは多い

母乳育児を望んでいるお母さんが多い一方で、産後に母乳がでなくて悩んでいるお母さんも多いです。
身近に赤ちゃんに母乳を飲ませている人がいた場合は、出産すれば母乳は当然のように出てくるものと思いがちですが、産後すぐに母乳が出ないのは珍しいことではありません。

母乳が出て無くても、繰り返し吸わせることで刺激されて母乳が分泌されるようになります。
ただ、授乳の時間に繰り返し吸わせるのも大変です。
赤ちゃんが大人しく吸ってくれれば良いですが、数回吸うだけで背中を反るほどの大泣きしてしまって、中々上手く授乳が出来ないからです。
特に最初の頃の母乳が不足している時は、授乳に苦労してしまう時期です。

母乳
分娩が終わり、待ちに待った赤ちゃんと対面したらひときわ喜びも大きいと思います。 出産後に授乳のやり方を教わり、これから赤ちゃんを母乳で育てると張り切るお母さんも多いかと思います。

母乳が不足していると赤ちゃんも不機嫌になる

母乳の出が悪かったり、母乳が不足していると赤ちゃんが不機嫌になってしまうことが度々あります。
授乳が終わった後も赤ちゃんのご機嫌がよくならない場合は、赤ちゃんのお腹が満たされていない恐れがあります。
また、頻繁に泣き、抱っこしてあやしても泣き止まない場合も同様です。
朝や夕方の忙しい時間に赤ちゃんの機嫌が悪いとママも困りますよね。母乳不足が原因ならば、早めに対策をとってあげたいところです。

授乳がうまくいかないのは乳首の形が飲みにくいから?

乳首の形は、人それぞれ異なります。
中には赤ちゃんにとって飲みにくい形の場合もあります。
扁平乳頭や陥没乳頭など、いろいろな呼び方がありますが、簡単に言えば露出している乳首が短すぎるということです。
出ている乳首が短いと、赤ちゃんにとって母乳が飲みにくくなってしまいます。
特に生まれたばかりの赤ちゃんは吸う力も弱いので、なおさら飲めません。

母乳ケアのためのマッサージ

出産してから授乳するときになって慌てないためにも、妊娠中にマッサージを始めると良いでしょう。
マッサージを行うことで、短い乳首の改善を行うことが出来ます。

マッサージのやり方は、
1.乳房を持って、指で乳首をつまむ。
2.乳首をつまんだまま、5~10秒間ほど乳首に圧力をかけます。なるべく力を入れたほうが良いですが、痛みを感じるほど力を入れる必要はありません。

ただ、乳首を刺激すると子宮収縮につながることがあるので、体調によってはマッサージを控えたほうが良いでしょう。
お腹が張りやすいときや切迫早産と診断された人は臨月に入ってから行いましょう。

母乳
多くの妊婦さんは赤ちゃんが生まれたら母乳は何もしなくても出るものと思っている人が多いです。 ですが、完全母乳で育てたかったのに、いざ育児を始めてみたら母乳が出ないという事が多いの

乳頭ケアグッズ

マッサージの他にも乳頭を改善させるための道具があります。
マッサージがやりにくい場合は、グッズで矯正すると良いでしょう。
ポンプや注射器のような物を使って、吸引し入りこんでいる乳首を外に露出させ、クセをつけることで矯正を行うグッズです。
強く吸引すると痛みや乳首に傷がつく原因になることもありますので、力加減に注意してください。

マッサージと同様に、お腹が張りやすいときや切迫早産と診断された人は臨月に入ってから行いましょう。

母乳は白い血液

妊娠中もそうですが、産後の授乳期も貧血で悩まされる機会は多いです。
授乳期でも通常時以上に血液の量が必要になるからです。
母乳は白い血液と言われるように、母乳はお母さんの血液から出来ています。
おっぱいに流れている血液と赤ちゃんの発育に必要な成分が、乳腺房で合成されて母乳が作られます。
そのために、授乳期も赤ちゃんを育てるために血液量が必要になります。

授乳期は食事の影響が強く出る

授乳期はママも鉄分やたんぱく質やカルシウムなどの栄養をたくさん摂ることが必要となります。

授乳期栄養所要量は2500キロカロリー、たんぱく質80g、鉄20mgが記されています。これはアスリート並の食事と同じなのです。育児労働と授乳はまさに運動選手並という事になります。特に出産時に出血が多く、妊娠中から貧血の人は注意しなければなりません。

授乳期にも葉酸は必要

授乳期に母乳不足で悩まされないためにも食べ物には気をつけなければなりません。
血を作る食べ物には、タンパク質や脂質、ビタミンB1、ビタミンB2、鉄などを含む魚介類や肉類、ビタミンB1やカルシウム、鉄、食物繊維を含む豆・豆製品などがあります。

葉酸は造血のビタミンとも呼ばれ、血液の生成を促進する栄養素です。
貧血時にも鉄分と一緒に葉酸を併せて摂ることが大切です。

葉酸は普通の生活をしていれば不足することはほとんどありませんが、妊娠中や授乳中は必要量が増えるので、不足しがちになる栄養素です。
そして一度に大量に摂取することが難しい栄養素でもあります。
葉酸は食材の中から1日に必要な量を摂取することが望ましいですが、妊娠中や授乳中は必要量が多く、一度に大量に摂取することが難しい栄養素なので食材だけでは妊娠や授乳期には不足しがちです。
この時期だけでもサプリメントを利用しながら積極的に摂ることもお勧めです。

身体
葉酸は妊娠している女性にとっては周知の栄養素かもしれません。 健康な赤ちゃんを産むために妊活中や妊娠中の女性に必要な栄養素だとよく言われているので、妊活中や妊娠中には意識

 - 出産にむけて