妊婦さんと赤ちゃんとつわり

妊婦さんのつわり対策

*

妊婦の便秘に効果的な漢方薬は

      2017/05/16

ベビー用品を販売しているコンビが実施したアンケート結果では、70%近くの人が妊娠前と比べて妊娠中に便秘になったと感じているそうです。
それほど多くの妊婦さんは便秘に悩んでいます。

妊娠初期などつわりの時期は、食べ物が食べられない状態が続きます。
水すら飲むのが辛い時もあり、水分が不足しがちになります。
つわりがひどく、嘔吐を繰り返してしまうと体の中から水分も出てしまいます。
ですが、水分の不足は便秘につながりかねません。
腸の中で便が溜まり水分がどんどん抜けていくと、便は固くなっていきます。
子宮による圧迫の影響で、ただでさえ出にくい状態が、さらに出にくい状態になります。

吐き気で何も口にしたくない時でも意識して水分を摂るようにすると便秘が改善されます。
どうしても水が飲めない場合は、冷たくてさっぱりした氷を口に含んで舐めてるのも良いかもしれません。その際はあまり体を冷やし過ぎないように注意しましょう。

スポンサードリンク

まずは運動と食事の見直しを

どうしても薬に頼りたくないといった場合は、運動や食事の見直しで便秘に効果的なものを摂りましょう。

ストレッチで軽めの運動を

妊娠すると運動がしづらい時期が続いてしまいます。
特につわりの時期などは気持ち悪くて運動どころではなくなります。
激しい運動をいきなり始めるのは、もちろん妊娠中は好ましくありませんが、ストレッチなどの軽めの運動をすることは大切です。
運動不足のままだと体力も低下してしまい、出産時や出産後に体力不足になってしまい、分娩に時間がかかってしまいます。
妊娠初期や妊娠後期などで出血していたりお腹が張っているような時は、運動を控えるべきですが特にトラブルが無い時は軽めのストレッチを毎日行っておくと出産が楽になるかもしれません。

ストレッチ
妊娠中は多くの人が便秘で悩んでいます。 妊婦さんなら便秘を少しでも軽くしたいと思います。 便秘を少しでも軽くするには、意識して水分を補給する。 食事に野菜や海藻類を取り入れて
ストレッチ
妊娠すると運動がしづらい時期が続いてしまいます。 特につわりの時期などは気持ち悪くて運動どころではなくなります。 ですが、運動不足のままだと体力も低下してしまい、出産時や出産後

こまめな水分補給と食物繊維豊富な食事

食事は食物繊維と水分を多めに摂るように心がけましょう。
食物繊維は保水性に優れており便を柔らかくし、量を増やしてくれるので老廃物を体外に排出しやすくなります。
特に野菜や海藻に多く含まれている食物繊維は便秘に効果的です。
他にもヨーグルトなどの乳製品やオリゴ糖など自然素材のビフィズス菌を摂取することによる腸内環境を改善することも便秘には効果的です。
妊娠期間中は体がデリケートになっています。
できれば薬ではなく食事の見直しから検討していきたいですね。

玄米
玄米は水分と一緒によく噛んで食べれば、玄米に含まれる食物繊維によって腸の運動を活発にさせて便通を促進させます。 また玄米は白米よりもつわりを軽減するビタミンB6が多く含まれて
スムージとは野菜や果物をミキサーなどを使って水と混ぜた飲み物です。 元々は凍らせた果物や野菜などを砕いてシャーベット状にしたシェイクに近い飲み物でしたが、最近は凍らせてないものを

市販の便秘薬を自己判断で服用してはいけない

食事の改善や自然由来の食品を摂取して対策を行ってもだめな時は、無理せず薬を服用することも検討した方が良いでしょう。
最近は、マグラックスやマグミットなどの便秘薬が効かない人には、より強い薬としてプルゼニドやラキソベロンを処方されるかもしれません。
これらの薬は、大腸を刺激する薬で、腸の運動機能が低下しているタイプの便秘解消に効果を発揮します。
市販薬で購入もできますが、子宮収縮を誘発して切迫早産になる危険もあるため妊婦には勧められていない薬です。
病院で処方される時は、医師の判断で必要最小量の投与になります。
無用なトラブルを避けるために用法と容量は守って服用しましょう。

便秘2
妊娠中は体のトラブルが多いものです。 妊婦は便秘になりやすい条件が整っていて、妊婦の7割の人が便秘に悩んでいるとも言われています。 毎日出るのが理想ですが、3日お通じがないと便

便秘対策に漢方薬

便秘薬の替わりに漢方薬を処方する産婦人科もあるそうです。
一般的に便秘に効く漢方薬というと
・桂枝加芍薬大黄湯(ケイシカシャクヤクダイオウトウ)
・麻子仁丸(マシニンガン)
・潤腸湯(ジュンチュウトウ)
などが使われますが、妊娠中はこれらに含まれている大黄(ダイオウ)は悪影響があるために避けられています。
そのため、大黄の生薬を使用しない以下
・桂枝加芍薬湯(ケイシカシャクヤクトウ)
・当帰建中湯(トウキケンチュウトウ)
・小建中湯(ショウケンチュウトウ)
などの漢方が用いられます。

漢方薬を服用の注意点

漢方薬には”副作用がなくて安全”というイメージがあります。
妊娠中の体のトラブルによく使われるのも事実です。
ですが、漢方薬の中には慎重に用いるべきものもあります。
前述した大黄を含む漢方薬は下痢や子宮収縮の作用があります。
漢方だから大丈夫という安易な考えで薬を服用しない方が良いでしょう。
漢方薬といえども、妊娠前の体質や現在の症状を考慮して適した薬を処方しなければなりません。
妊娠中は特に市販の薬を買って飲むことは止めたほうが良いです。
大黄を含む漢方薬も妊娠中は避けたほうが良いとされる薬ですが、症状があまりにもひどい場合は、妊娠中といえども処方されるケースもあります。
食前や食後に定期的に服用するのではなく、症状が悪い時にだけ服用するという用法で用いられます。
いずれにしても自己判断では難しいので産婦人科の主治医、もしくは専門の漢方医の相談の元で服用するように注意するべきです。

漢方医
つわりになる妊娠初期は一番敏感な時期でもあります。 この時期は、赤ちゃんが作られ始める大事な時期でもあります。 薬が服用しにくい時期を重なってしまうのです。 それでも症状

【PR】 薬に頼らないで便秘解消するには

妊娠中は赤ちゃんへの影響が心配になってしまうもの。
できるならば薬に頼りたくないですよね。

便秘の原因は腸内にいる善玉菌と悪玉菌のバランスが悪いためと言われています。
そのため善玉菌であるビフィズス菌入りのヨーグルトなどの機能性食品がスーパーなどでよく見られるようになりました。
けれども、ビフィズス菌入りのヨーグルトを食べても、腸に届く前になくなってしまったり、そのまま排泄されることもあるので、ビフィズス菌が思ったよりも増えていないことがあるのです。

そこで効果的と言われているのがオリゴ糖です。
オリゴ糖はビフィズス菌のエサになり、増やすことができます。
例え腸に届いたビフィズス菌が少なかったとしても、たくさんの種類のビフィズス菌と相性が良いオリゴ糖ならば増やすことが出来て、腸内環境を改善しやすくなります。
オリゴ糖を選ぶ時は、たくさんの種類のビフィズス菌と相性が良いオリゴ糖がオススメです。

便秘解消にいろいろ試しているけれども、なかなか良くならない時は一度試してみてはどうでしょうか。

>>たくさんの種類のビフィズス菌と相性が良いオリゴ糖はこちらから

 - 妊娠中の便秘対策, 妊娠中の漢方