妊婦さんと赤ちゃんとつわり

妊婦さんのつわり対策

*

妊娠中の便秘 トイレでいきんではダメ?姿勢が大事なの?

      2017/05/16

妊娠すると便秘で悩まされる妊婦さんは多いです。
いろいろな理由で、妊娠中は便通が最悪の時期だと言えるでしょう。
便秘になるとトイレの時間も長くなり、いきむことが多くなってしまいます。
妊娠中はお腹に力が入る行動が気になってしまう時期です。

妊娠中でよく悩まされる便秘ですが、トイレでいきんでも大丈夫なのでしょうか?

スポンサードリンク

妊娠中にふんばると流産してしまう?

妊娠すると便秘になりやすくなります。
中々出てこない時などは、ついふんばってしまいがちです。
でも、妊娠中にふんばってしまうと「赤ちゃんが出てきてしまうのではないか?」とか「流産してしまうのではないか?」といった心配になってしまいます。
妊娠すると便秘になりやすいとよく聞きますが、妊娠中の便秘でふんばってよいのかどうかはあまり聞かないので不安になる妊婦さんも多いのではないでしょうか。

お腹の張りや出血などトラブル時は注意

妊娠初期などの流産とふんばることの関連性はありません。
ただし、妊娠中期から後期でお腹が大きくなっている時でなにかしらのトラブルがあるときは注意した方が良いでしょう。
例えばお腹が張っている、出血をしている時にあまりいきんでしまうと悪化する事があるので注意が必要です。
また、便秘がちだとお腹の張りが感じやすくなってしまいます。

妊婦
妊娠中は個人差があるものの妊娠17週を超えてくるとお腹が張りやすくなります。 妊娠中にお腹が張る原因は、主に子宮の収縮運動です。 赤ちゃんを包んでいる子宮はほとんどが筋肉で出来

あまりいきむと痔になる

妊娠中に踏ん張ることが痔の原因となり妊娠中に痔になる人が多いとも言われています。
妊娠中だからといって踏ん張ってはいけないというわけではなく、便が硬いためにあまりにもいきみすぎるとお尻に傷がつき切れ痔を発症しやすくなってしまいます。

妊娠・出産を機に痔になる人は多いです。
赤ちゃんを産むためには、どうしても「いきむ」必要があります。
いきむ時は、相当な力を入れてしまうので、血の流れが悪くなったり、血管が切れてしまうことがあるからです。

霜降り肉
痔は男性に多いイメージがありますが、実は女性の方がなりやすい症状と言われています。 特に出産を機に痔になる人は多いです。 赤ちゃんを産むためには、どうしても「いきむ」必要が

いきむ時間は短めに

あまり長い時間かけて、いきんでしまうと肛門に負担がかかってしまうので、痔になってしまうなど悪影響が出てしまいます。
いきむ時は、3分程度の短時間にとどめて、出ない時は一旦諦めてトイレを出ましょう。

いきむ時の姿勢

この時、いきむ時の姿勢は大事です。
体の構造的に普通に座るよりも前かがみの方が排便しやすいと言われています。

体を起こしていると腸と肛門の角度が直角に近い角度になってしまって出にくくなっているのです。
これは、通常の生活の中で不用意に便が漏れにくいように角度がついていると言われています。

ロダンの考える人のイメージ

前かがみになると、この角度が緩んで、便が出やすくなるのです。
いきむ時は、両肘を太ももの上に置いて前傾姿勢になります。
ロダンの考える人の彫像をイメージするとピッタリかもしれません。

かかとを軽く上げる

前傾姿勢になった状態で、さらにかかとを軽く上げると効果的です。
かかとを上げると、腸と肛門の角度がほとんどなくなって、出やすくなるからです。
また、かかとを上げるとお腹に力を入れやすくなります。

赤ちゃんへの影響

3日間お通じがなければ、便秘と考えられます。
神経質になりがちな妊娠期間中なので、便秘が長引くとお腹の赤ちゃんに悪影響があるのではと不安になるかもしれません。
お母さんが便秘していることで、妊娠中にお腹の中にいる赤ちゃんには影響がありません。
けれども1週間以上続くような場合は、お母さんの身体に悪影響を及ぼす可能性があります。
その場合は、病院で診てもらって薬を処方してもらったほうが良いでしょう。

赤ちゃん
妊娠すると女性ホルモンの影響で、腸の動きが鈍くなります。 多くの妊婦さんが便秘に悩まされています。 便秘が長引くとお腹の赤ちゃんに悪影響があるのではと不安を感じるかもしれません

市販の便秘薬を自己判断で服用してはいけない

便秘に苦しんでいるとどうしても薬に頼りたくなってしまいます。
ですが市販の薬を使用するのはオススメできません。
市販されている便秘薬の中には、大腸を刺激する薬で、腸の運動機能が低下しているタイプの便秘解消に効果を発揮します。
普段であれば効果的な薬なのですが、子宮収縮を誘発して切迫早産になる危険もあるため妊婦には勧められていない薬です。
病院で処方される時は、医師の判断で必要最小量の投与になります。
無用なトラブルを避けるために用法と容量は守って服用しましょう。

便秘2
妊娠中は体のトラブルが多いものです。 妊婦は便秘になりやすい条件が整っていて、妊婦の7割の人が便秘に悩んでいるとも言われています。 毎日出るのが理想ですが、3日お通じがないと便

便秘対策も併せて

妊娠中に限らず便を柔らかくすることを心がけましょう
医師に相談することで便秘解消の薬を処方してもらえるかもしれません。
産婦人科に処方してもらえる便を柔らかくする薬は妊娠中でも服用することができるので安心です。
また、水分を多めに摂ったり海藻類や豆類など食物繊維が豊富な食品を食べるのも必要です。
乳酸菌やオリゴ糖など腸内環境を改善するサプリメントを利用するのも良いかもしれません。

 - 妊娠中の便秘対策