妊婦さんと赤ちゃんとつわり

妊婦さんのつわり対策

*

安定期でも油断できない 切迫流産と切迫早産

      2017/05/23

妊婦と胎児

安定期は、妊娠初期の頃に比べて流産のリスクが低くなると言われている時期です。
個人差がありますが、だいたい妊娠16週ぐらいから安定期に入ります。
安定期に入ると、これまでつわりで体調を崩しがちだったのが回復して、お母さんにも余裕が出てきます。

妊娠の経過が良いと、散歩やスイミングなどの適度な運動を勧める医師もいます。
安定期に入ったら旅行や引っ越しなどの予定を組んでいるお母さんもいるかもしれません。

けれども、安定期とはいえ切迫流産や切迫早産に絶対にならないわけではありません。

胎児
つわりも治まり、流産の可能性も少なくなる安定期は、妊婦にとって最も心身ともにリラックスできる時期ではないでしょうか。 友人への妊娠報告も安定期になってからしようと考えてい
スポンサードリンク

安定期でも切迫流産や切迫早産になるの?

安定期に入って妊娠中に普段と同じような運動や家事をしようと思ったら、お腹が張って立っていられないくらいの痛みを感じたことはありませんか。
つわりが治まり、安定期に入ったと言っても妊娠中は普通の人とは体調が違うので無理は厳禁です。
安定期でも切迫流産が起こりえます。
妊娠12週以上~22週未満は切迫流産が起こりえます。
また22週以上~37週未満には切迫早産が起こりえます。
22週以前に生まれてしまうと外で生きられないので流産になってしまうのです。

安定期が妊娠16週~28週までのことなので、切迫流産や切迫早産が起こる時期を考えると、ほとんどが安定期の時期になります。

差額ベッド
妊娠中期から後期になると切迫早産になる可能性があります。 妊娠している女性全体の1割ほどが切迫早産になっているそうです。 自宅で安静にしていても、切迫早産の場合、突然「入院」と

切迫流産・切迫早産ってなりやすい体質があるの?

子宮頚管無力症になっている

子宮の出口の部分がしっかり閉まっていない、もしくは閉まる力が弱くて赤ちゃんを支えられていないなどの状態です。
ちょっとしたことで赤ちゃんが出かかってしまうので、切迫流産や切迫早産になりやすいと言われています。

子宮頚管が短い

普通は妊娠10ヶ月頃になりお産が近づくと徐々に子宮頚管が短くなって子宮口が開きます。
そして赤ちゃんが生まれてきます。
ところが、お産の時期でないにもかかわらず、子宮頚管が短くなってしまうことがあります。
そうなると切迫流産や切迫早産になる可能性が高くなってしまいます。

なぜ子宮頚管が短くなるの

まず、細菌の感染により子宮周辺が炎症してしまうことでなると言われています。
通常、膣内は善玉菌のような細菌のおかげで酸性に保たれ、有害な細菌の増殖を防いでいます。
しかし、抗生物質の投与や免疫力の低下などにより、そういった浄化作用が低下することで細菌の感染が起こりえます。
ビデなどを頻繁に使用している人も、善玉菌まで一緒に洗い流してしまうため浄化作用の低下につながってしまいます。

これらはエコー検査でわかることなので、不安な場合は検診の時に産婦人科医に聞いてみると良いかもしれません。

子宮頚管は子宮と膣をつなげている部分です。 子宮頚管が短いということは、つまり赤ちゃんが入っている子宮の出口と体外の距離が短くなっているということです。 子宮頚管が短くなり子宮

妊娠中に動きすぎる

妊娠中にあまり動きすぎるとお腹が張りやすくなってしまいます。
長時間歩いたり、立ち仕事などはお腹が張りやすい行動です。
お腹が張ると子宮収縮が誘発されてしまいます。
張りが続くと陣痛につながり、赤ちゃんが下がってくるので切迫早産になりやすくなってしまいます。

妊娠中は、仕事や家事をした時など疲れたら無理をせずに、いつもより多めに休憩をとると良いでしょう。
安定期といえでも無理は禁物です。

お腹の張り
今まではつわりで思うようにできなかった分、安定期に入るとエネルギーを持て余しがちになり家事や仕事、旅行や遊びなど活動的になりたくなります。 しかし、身体の調子はよくなった

対処法は?

症状によっては子宮の収縮筋肉を抑える薬(ウテメリン)などが処方されることがあります。
張り止めの薬としても使われますが、この薬は動悸が激しくなったり、手足の震えやめまいなどの副作用があります。
妊婦さんにはよく言われることですが、やはり「安静」が大事です。
もしも、子宮頚管が短いなどの状態で合った場合、普通よりも赤ちゃんが出やすいので可能な限り動きまわらないほうが良いでしょう。
少なくとも何か合った時に対処しにくい外出は控えたほうが良いです。

安静のレベルは状態によって違うので医師に「安静に」と言われたら「どのくらいの生活なら大丈夫ですか?」と確認してみるのも良いかもしれません。

 - 安定期の過ごし方