妊婦さんと赤ちゃんとつわり

妊婦さんのつわり対策

*

安定期の時期と過ごし方

      2017/07/09

妊婦

安定期に入ると個人差がありますが、つわりが落ち着いてきます。
今まで食べられなかったものが食べられるようなります。
高かった基礎体温も徐々に下がり、身体のだるさや疲労も落ち着き体調がよくなっていきます。

スポンサードリンク

安定期はいつから

安定期は子宮の中で胎盤が完成する時期のことです。
一般的には妊娠5ヶ月から7ヶ月と言われています。
週でいうと、大体妊娠15週から妊娠22週ぐらいです。
安定期は妊娠初期の頃に比べて、流産のリスクが低くなるとされる時期でもあります。

胎児
つわりも治まり、流産の可能性も少なくなる安定期は、妊婦にとって最も心身ともにリラックスできる時期ではないでしょうか。 友人への妊娠報告も安定期になってからしようと考えてい

安定期でも無理しない

安定期は、妊婦さんにとっては一息付ける時期の到来といえます。
ただ、安定期に入って、身体の調子が良くなっていても、妊娠中は普段とはやはり違います。
妊娠初期の頃に比べて流産のリスクは低くなりますが、流産の危険が無くなったわけではありません。
すぐに安静にできる態勢を整えて、無理をしない範囲で過ごしましょう。

お腹の張り
今まではつわりで思うようにできなかった分、安定期に入るとエネルギーを持て余しがちになり家事や仕事、旅行や遊びなど活動的になりたくなります。 しかし、身体の調子はよくなった

食欲が湧くことによる体重増加に注意

特につわりの反動で食欲がとても湧いてきます。
間食が増えてしまいがちで、お菓子やパンなど炭水化物や糖質の多いものを食べ過ぎてしまいます。
妊娠中期以後は妊娠高血圧症候群になりやすくなります。
体重が増えていくと妊娠高血圧症状群や妊娠糖尿病に陥ることもあるので、安定期は食べ過ぎには注意してください。

和菓子
妊娠初期のつわりの症状がひどかったり、体調が良くなくてあまり食べられなかったりすると、体調が落ち着いた時につい食欲が湧いて食べすぎてしまいます。 けれども妊娠期間中は

貧血にならないために鉄分の摂取を

赤ちゃんが健康に育っていくためにはたくさんの血液が必要となります。そのため、母体では血液の量も増えているのですが、同時に鉄分が不足しがちになります。
鉄分が不足してくるとめまいや貧血などの症状が起こってしまいます。
鉄欠乏症を防ぐためにも普段からほうれんそうなど鉄分が豊富な野菜を食べるように心がけましょう。

お腹が大きくなったら姿勢に注意

お腹がどんどん大きくなってくるこの時期は、お腹を支えようとして背中を反らせた姿勢をすることが増えます。ですが、これは腰などに負担をかける形となるので、できるだけ避けた方が良いでしょう。
妊娠中に腰痛で悩まされる人は便秘についで多いと言われています。
姿勢が悪い状態を続けていると腰痛が酷くなります。
お腹が大きくなり始めたらすこし姿勢にも注意しましょう。

腰痛の女性
妊娠すると急激な体の変化から不快症状に悩まされる人も多いでしょう。 その中に腰痛があります。 妊娠中に腰痛に悩まされてしまう妊婦さん、とても多いです。 妊娠7~8ヶ月頃に

安産のためにストレッチ

腰に負担が掛からないように横になったり、軽いストレッチなどすると良いでしょう。
運動不足のままだと体力も低下してしまい、出産時や出産後に体力不足になってしまうかもしれません。
妊娠中にストレッチなどをして身体を柔軟にしておくと安産になるとも言われています。

安産のためには、骨盤や股関節などの産道周辺の筋肉を鍛えておくことが必要です。
こういった運動やストレッチをするとお産がスムーズに進むと言われています。

ストレッチ
妊娠すると運動がしづらい時期が続いてしまいます。 特につわりの時期などは気持ち悪くて運動どころではなくなります。 ですが、運動不足のままだと体力も低下してしまい、出産時や出産後

胎教を始める方も多い時期

胎教とは、お腹の中の赤ちゃんに対し、様々な働きかけを行うものです。音楽を聴いたり、話しかける、撫でる、絵本を読むなど簡単なことが胎教となるので、実践してみると良いかもしれません。

 - 安定期の過ごし方